CPhI Japan ICSE Japan P-MEC Japan BioPh Japan InnoPack Japan
CPhI Japan 2019の内容になります。2020年のセミナープログラムは現在準備中です。
セミナープログラム&お申込み
セミナーのお申し込みには、「来場事前登録」が必要です。まだお済みでない方はまず
は下記のボタンから来場者事前登録を完了いただきセミナー登録に必要なIDとパスワード
を入手してください。
来場事前登録はこちらから
<お申込み方法>
  • 全セミナープログラムは、画面左側のセミナーカテゴリーの一覧より、各カテゴリーごとにご覧いただけます。
  • ご希望のセミナーの「□受講する」の部分をクリックした後、画面一番下の「保存して確認」のボタンをクリックし、お申込み内容の確認の画面にお進みください。 続けて別カテゴリーのセミナーを併せて申し込む場合は、「他のセミナーも続けて申し込む」のボタンをクリックし、画面左側のカテゴリーの一覧から他のカテゴリーに移動して、お申込みを継続できます。
  • 一度セミナー申込みを完了いただいた後でも、他のセミナーを追加申し込みできます。

プロジェクト福島

会場: 会議棟6F 605
定員: 150 名 聴講無料 ※事前登録制
3月20日(水)
FU-01
10:30
|
12:00
逐次通訳
福島県浜通り地域における復興の現状と
取り組みについて

 
経済産業省
大臣官房福島復興推進グループ
福島新産業・雇用創出推進室
企画官
高砂 義行 氏

【会場:会議棟6F 605
受付終了

FU-02
12:30
|
13:50
逐次通訳
ふくしま医療機器クラスターの現状と
課題、今後の展望
福島県産業創出課医療関連産業集積推進室
(福島県立医科大学駐在)
医産連携プロジェクトマネージャー
石橋 毅 氏

【会場:会議棟6F 605

福島県では、2005年から福島県立医科大学、日本大学工学部、ジョンソン・エンド・ジョンソン須賀川事業所、会津・白河オリンパスなどの集積を核としつつ、地元企業による医療機器メーカーへの部材供給やOEM生産を支援し、医療機器産業のクラスター化を促進してきた。東日本大震災後は、ふくしま医療機器開発支援センターを中核に開発から事業化までの一体的支援体制へ。これまでの経過と課題、今後の展望について言及する。
受付終了

FU-03
14:20
|
15:40
逐次通訳
福島コレクションの創薬への活用
(大)福島県立医科大学
医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター
教授
高木 基樹 氏

【会場:会議棟6F 605

福島医薬品関連産業支援拠点化事業では、生体由来試料から創出した加工試料およびそれらの解析情報を「福島コレクション」と名付け、これらを活用することで製薬企業や検査・診断薬企業の医薬品等の開発を支援している。本講演では「福島コレクション」の創薬への活用事例を紹介する。
受付終了

 

カテゴリー別全セミナープログラム
  • ファインケミカルジャパンセミナー
Loading...