本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

セミナー一覧(2020)Seminar

A. 免疫活性化食品の開発を目指して

11月16日(月)
A
10:40
|
14:00
[会場] 免疫活性化食品の開発を目指して (A1、A2 通し)

受付終了

A1
10:40
|
12:00
[会場] 発酵食品による自然免疫の活性化とその利用
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 上級主任研究員 辻 典子

小腸共生細菌でもある乳酸菌に特有の抗炎症メカニズムを見出している。乳酸菌を多く含む発酵食品は世界各地で伝承されているが、とりわけ日本には優れた伝統発酵食品が多く、免疫賦活への寄与を考察する。
受付終了

A2
12:40
|
14:00
[会場] 腸管免疫を強化し、感染症防御機能を高める食成分の開発
東京大学大学院 農学生命科学研究科・食の安全研究センター 八村 敏志

免疫応答は食品により調節できることが明らかになってきており、感染防御能を高めうることも示されている。その食品と免疫系との接点が腸管免疫系である。この腸管免疫系のしくみと、その機能を強化する食品の開発について解説する。
受付終了

オンライン
A1-Online
[オンデマンド配信] 発酵食品による自然免疫の活性化とその利用

A1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

B. 洗浄除菌の見直し

11月16日(月)
B
10:50
|
12:10
[会場] 抗ウイルス対策も視野に入れた電解水の効果的利用
東京大学大学院 農学生命科学研究科バイオマス・ショア寄付講座(三菱ガス化学,三菱商事,ENEOS,日新商事) 倉橋 みどり

昨今、電解水を含む次亜塩素酸水の新型コロナに対する効果と安全性が取りざたされている。電解水は食品業界において10年以上前から現場に導入され広がりをみせているが、今回改めてその特徴と効果的使用法について整理したい。
受付終了

オンライン
B-Online
[オンデマンド配信] 抗ウイルス対策も視野に入れた電解水の効果的利用

Bのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

C. 「食と栄養」を通じたアクティブシニアのエイジングケア

11月16日(月)
C
13:00
|
16:55
[会場] 「食と栄養」を通じたアクティブシニアのエイジングケア 共催:アクティブシニア「食と栄養」研究会

13:00-13:55
フレイル、ロコモ、サルコペニアを予防する「食と栄養」のポイント
~高たんぱく?同化抵抗性?食品摂取の多様性?~
女子栄養大学 栄養学部 地域保健・老年学研究室 教授 新開 省二


14:05-14:50
新たな健康課題。女性の社会進出により若年女性のロコモリスクが上昇
~まるのうち保健室調査「働き女子1,000名白書」より~
予防医療コンサルタント 細川 モモ
順天堂大学大学院 研究員博士(医学) 奈良岡 佑南


15:00-16:00
【協賛会員による取り組み報告】

●アクティブシニアのアミノ酸栄養 ~身体も表情も元気に!
味の素(株) アミノサイエンス統括部 開発グループ シニアマネージャー 小林 久峰

●食べる楽しみをサポートするアミノ酸の機能
味の素ヘルシーサプライ(株) アミノ酸営業本部 営業部 コンシューマープロダクトグループ 原田 潤

●「コツコツ骨ラボ」の歩み
(株)J-オイルミルズ 食品・ファイン事業本部 ファイン事業部長 山下 貴稔


16:10-16:55
日本人の食事摂取基準(2020年版)を活用したシニア世代のフレイル予防
東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 研究員 横山 友里
受付終了

オンライン
C-Online
[オンデマンド配信] 「食と栄養」を通じたアクティブシニアのエイジングケア 共催:アクティブシニア「食と栄養」研究会

Cのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

D. 機能性表示食品の届出と知財戦略最前線

11月16日(月)
D
13:10
|
17:00
[会場] 機能性表示食品の届出と知財戦略最前線(D1~D3通し)

受付終了

D1
13:10
|
14:20
[会場] 機能性表示食品の届出準備・手順及び最近のトピックス
(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛

8月7日に免疫機能第1号が届出された。最近のトピックとして、アウトカムの設定の参考にしたとされるEFSAガイダンスについても概要を解説する。
受付終了

D2
14:30
|
15:40
[会場] 知財戦略最前線 : ブランド戦略編
ユニアス国際特許事務所 パートナー弁理士 石川 克司

届出件数が3000件を突破し、益々、競争が激化する中、他社商品との差別化の為のネーミング戦略について考察する。
受付終了

D3
15:50
|
17:00
[会場] 知財戦略最前線 : 特許戦略編
ユニアス国際特許事務所 パートナー弁理士 春名 真徳

『食品と開発』9月号の知財連載「免疫サポートの用途発明」との連動企画。第1号の届出事例を踏まえた特許戦略を掘り下げる。その他注目の特許事例をピックアップする。
受付終了

オンライン
D-Online
[オンデマンド配信] 機能性表示食品の届出と知財戦略最前線(D1~D3通し)

Dのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

D1-Online
[オンデマンド配信] 機能性表示食品の届出準備・手順及び最近のトピックス

D1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

D2-Online
[オンデマンド配信] 知財戦略最前線 : ブランド戦略編

D2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

D3-Online
[オンデマンド配信] 知財戦略最前線 : 特許戦略編

D3のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

E. 新食料資源の開発

11月17日(火)
E
10:20
|
16:40
[会場] 新食料資源の開発 (E1~E4通し)

受付終了

E1
10:20
|
11:00
[会場] 持続可能なフードシステムの構築に向けた新たな動き
農林水産省大臣官房政策課 企画官 大曲 英男

世界的なフードテック分野の潮流とともに、新たな資源循環型の食料供給システムの構築を目的として発足したフードシステム協議会の活動について紹介する。
受付終了

E2
11:35
|
12:55
[会場] 新食料資源としての微細藻類の可能性
(株)MoBiol 藻類研究所・藻類産業技術D&Dセンター長 多田 清志

従来から食品として利用されている微細藻類の現状と今後の展開を紹介するとともに新規食料資源としての従属栄養性藻類オーランチオキトリウムの可能性についてインドネシアで進行中のプロジェクトを例に挙げて紹介する。
受付終了

E3
13:40
|
15:00
[会場] 新食品資源としての循環型食用コオロギタンパク開発の現状と応用
徳島大学 助教、(株)グリラス CEO 渡邉 崇人

新たな循環型タンパク質として注目されている食用コオロギについて、大学における研究開発の現状と、大学発ベンチャー企業における社会実装について最新事例を紹介する。
受付終了

E4
15:20
|
16:40
[会場] 培養肉 ~食肉3.0時代に向けて~
東京大学情報理工学系研究科及び生産技術研究所 教授 竹内 昌治

狩猟から畜産へ変化してきたように、今、食肉を得る新たな選択肢として「培養肉」が注目されている。本講演では、培養肉の意義や重要性、関連する最先端の技術などに関して概説する。
受付終了

オンライン
E1-Online
[オンデマンド配信] 持続可能なフードシステムの構築に向けた新たな動き

E1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

E2-Online
[オンデマンド配信] 新食料資源としての微細藻類の可能性

E2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

E3-Online
[オンデマンド配信] 新食品資源としての循環型食用コオロギタンパク開発の現状と応用

E3のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

F. フードロス対策としての賞味期限の見直し

11月17日(火)
F
10:30
|
11:50
[会場] 食品メーカーの賞味期限見直し、流通の納品期限見直しの現状
(公財) 流通経済研究所 主任研究員 石川 友博

全体の約半数を占める事業系食品ロスの削減に向けて、サプライチェーンの革新が求められている。本セッションでは、食品メーカーの賞味期限見直し、流通業の納品期限見直しの動向と展望等について報告する。
受付終了

オンライン
F-Online
[オンデマンド配信] 食品メーカーの賞味期限見直し、流通の納品期限見直しの現状

Fのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

G. 腸内環境研究最前線

11月17日(火)
G1
12:20
|
13:40
[会場] 腸内環境改善による唾液の質向上と感染症予防
神奈川歯科大学大学院 口腔科学講座 教授 槻木 恵一

唾液腺は、唾液中に抗菌・抗ウイルス作用を示すs-IgA を分泌する。特にプレバイオティクスやプロバイオティクスは、唾液中IgAを増加させ感染防止に関連することから、食品による唾液力の強化と感染予防について紹介する。
受付終了

G2
14:00
|
15:20
[会場] ヘルスケア分野におけるヒト腸内菌叢研究の進展と利用
東京大学 名誉教授 服部 正平

ヒトの腸内には数十兆個の腸内細菌が生息している。近年の世界的な研究の進展から腸内細菌がヒトの健康と病気と密接に関係することが明らかとなった。本講演ではヘルスケア分野における本研究の現状と将来展望を解説する。

※オンデマンド配信のみとなりました。
受付終了

オンライン
G-Online
[オンデマンド配信] 腸内環境研究最前線(G1、G2通し)

Gのオンデマンド配信です。
*オンデマンド配信のみの申込受付となりました。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

G1-Online
[オンデマンド配信] 腸内環境改善による唾液の質向上と感染症予防

G1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

G2-Online
[オンデマンド配信] ヘルスケア分野におけるヒト腸内菌叢研究の進展と利用
東京大学 名誉教授 服部 正平

ヒトの腸内には数十兆個の腸内細菌が生息している。近年の世界的な研究の進展から腸内細菌がヒトの健康と病気と密接に関係することが明らかとなった。本講演ではヘルスケア分野における本研究の現状と将来展望を解説する。

*オンデマンド配信のみの申込受付となりました。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

H. 注目の新素材

オンライン
H-Online
[オンデマンド配信] 注目の新素材・NMNの機能性とその利用
大阪大学大学院 医学系研究科健康発達医学寄附講座 教授 中神 啓徳

健康寿命の延伸のためには老化を早期に捉えた予防的な取り組みが求められる。哺乳類の様々な臓器で加齢とともにエネルギー代謝に必須なNAD+量が減少し、老化による機能低下、病態の原因であると考えられており、NAD+合成中間体であるnicotinamide mononucleotide(NMN)による補充療法が期待されている。

*オンデマンド配信のみの申込受付となりました。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

I. 注目機能性とマーケティング

11月17日(火)
I
10:40
|
12:00
[会場] 免疫領域で注目される素材と免疫マーケティング
(株)インテグレート 代表取締役CEO 藤田 康人

世界的パンデミックの中で、免疫機能を食品で向上することへ消費者の関心が高まっている。本セミナーでは、免疫トレンドを捉えたマーケティングをいかに行うべきか、注目の素材などを取り上げながら解説する。
受付終了

オンライン
I-Online
[オンデマンド配信] 免疫領域で注目される素材と免疫マーケティング

Iのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

J. 機能性表示食品制度の新たな展開~制度の拡充から販売まで~

11月17日(火)
J
12:50
|
17:00
[会場] 機能性表示食品制度の新たな展開~制度の拡充から販売まで~ (TTCセミナー)

事後チェック指針の導入、粘膜免疫の重要性、ウイズコロナ時代の機能性表示食品の役割、
およびドラックストアによる新たな販売戦略についてそれぞれの専門家が講演する。


12:50-13:50
日本チェーンドラッグストア協会「食と健康」販売マニュアルの普及を目指して
日本チェーンドラッグストア協会 第3事業部 部長 横田 敏


13:50-14:50
機能性表示食品事後チェック指針を受けての日健栄協の対応
( 公財)日本健康・栄養食品協会 機能性食品部長 菊地 範昭


15:00-16:00
免疫グロブリンA欠損症と新型コロナウイルス感染症
~免疫機能性表示食品の新たな展開~
(株)TTC 代表取締役社長 山本 哲郎


16:00-17:00
機能性表示食品の最新動向:ウイズコロナ時代の機能性表示食品の役割
大阪大学大学院医学系研究科 教授 内閣官房 健康医療戦略室 戦略参与 森下 竜一
受付終了

オンライン
J-Online
[オンデマンド配信] 機能性表示食品制度の新たな展開~制度の拡充から販売まで~ (TTCセミナー)

Jのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

K. HACCP時代の衛生管理のあり方

11月18日(水)
K
10:20
|
13:15
[会場] HACCP時代の衛生管理のあり方 (K1、K2通し)

受付終了

K1
10:20
|
11:40
[会場] HACCP制度化における微生物検査の考え方とその運用
東京農業大学 教授 五十君 靜信

2020年6月の改正食品衛生法の施行により、食品を取り扱う業種へのHACCP導入が制度化された。HACCP制度化における微生物検査の考え方を整理し、どのような検査法を選び, どのように運用したら良いか解説する。
受付終了

K2
11:55
|
13:15
[会場] イオンの店舗におけるクラウドを活用したHACCPの仕組み構築
イオン(株)お客さまサービス部 店舗衛生マネージャー 小坂 有以

イオンが考える衛生管理レベルを具現化したシステム「HACCPクラウド」について、イオンがこだわって作り上げた機能等詳細を、イオンの店舗におけるHACCP運用の姿と共に紹介する。
受付終了

オンライン
K-Online
[オンデマンド配信] HACCP時代の衛生管理のあり方 (K1、K2通し)

Kのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

K1-Online
[オンデマンド配信] HACCP制度化における微生物検査の考え方とその運用

K1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

K2-Online
[オンデマンド配信] イオンの店舗におけるクラウドを活用したHACCPの仕組み構築

K2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

L. 高タンパク食品の開発

11月18日(水)
L
10:20
|
13:40
[会場] 高タンパク食品の開発 (L1、L2通し)

受付終了

L1
10:20
|
11:40
[会場] グローバルマーケットにおけるタンパク食品の開発トレンド
Innova Market Insights 日本カントリーマネージャー 田中 良介

タンパク質が注目されているが、この潮流はどこに向かうのだろうか?そのヒントがグローバルにある。世界のプロテイン需要や商品群は、日本より先行しているからだ。食品トレンド分析のグローバルリーダーであるInnovaが、最新状況を徹底解説する。
受付終了

L2
12:20
|
13:40
[会場] タンパク質摂取に関する新たな考え方
東京大学大学院 農学生命科学研究科・特任教授 加藤 久典

タンパク質の適正な摂取量を求める最近の技術の進歩、特に高齢者のサルコペニアやフレイルを予防するためのタンパク質やアミノ酸の利用について紹介する。腸内細菌と食餌タンパク質の関係についても議論したい。
受付終了

オンライン
L-Online
[オンデマンド配信] 高タンパク食品の開発 (L1、L2通し)

Lのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

L1-Online
[オンデマンド配信] グローバルマーケットにおけるタンパク食品の 開発トレンド

L1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

L2-Online
[オンデマンド配信] タンパク質摂取に関する新たな考え方

L2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

M. プラントベースフードの開発

11月18日(水)
M
14:00
|
17:00
[会場] プラントベースフードの開発 (M1、M2通し)

受付終了

M1
14:00
|
15:20
[会場] プラント・ベース食品の時代は今!
ダニスコジャパン(株) ニュートリション&バイオサイエンス事業本部 フード&ビバレッジ事業部 斉藤 哲子 / 中谷 潤一郎

「ニッチ」から今や「主流」の一つになりつつあるプラントベース(植物由来)食品について、世界最大級の大豆たん白および機能性素材メーカーであるダニスコが、世界的な市場背景を踏まえたソリューションを提案する。
受付終了

M2
15:40
|
17:00
[会場] プラントベースフードが日本で成功する鍵は
TPCマーケティングリサーチ(株) リサ・リューション事業部 ソリューショングループ Food & Drink 係長 水上 創

世界的に注目を集めているプラントベースフードについて、日本の市場動向とヒット事例を紹介しながら、今後の市場性と成功するポイントを解説する。
受付終了

オンライン
M-Online
[オンデマンド配信] プラントベースフードの開発 (M1、M2通し)

Mのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

M1-Online
[オンデマンド配信] プラント・ベース食品の時代は今!

M1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

M2-Online
[オンデマンド配信] プラントベースフードが日本で成功する鍵は

M2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

N. 美味しさ開発を目指して

11月18日(水)
N
10:30
|
13:50
[会場] 美味しさ開発を目指して (N1、N2通し)

受付終了

N1
10:30
|
11:50
[会場] 味物質の認識機構を利用した食品デザイン
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻・准教授 三坂 巧

食品の味は、その価値を決定する重要な因子の一つである。本演題では、呈味成分が味覚受容体に認識される分子メカニズムを紹介するとともに、その知見を食品デザインに利用する試みについても発表する。
受付終了

N2
12:30
|
13:50
[会場] 美味しさ開発における香りの官能評価の進め方と先進技術の活用
立命館大学 食マネジメント学部 食マネジメント学科 教授 國枝 里美

美味しい製品開発のための風味・香りの官能評価の進め方と,嗜好調査における官能評価の進め方について。また、より客観的なデータを取得し製品開発に活かすための官能評価と対応する先進技術を紹介する。
受付終了

オンライン
N-Online
[オンデマンド配信] 美味しさ開発を目指して (N1、N2通し)

Nのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

N1-Online
[オンデマンド配信] 味物質の認識機構を利用した食品デザイン

N1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

N2-Online
[オンデマンド配信] 美味しさ開発における香りの官能評価の進め方と先進技術の活用

N2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

O. これからの食品市場を探る

11月18日(水)
O
14:10
|
17:00
[会場] これからの食品市場を探る(O1、O2通し)

受付終了

O1
14:10
|
15:30
[会場] コロナ禍における食品供給の対応と課題
(株)KSP-SP 執行役員 呉 計春

新コロナの影響で学校の休校や在宅勤務の増加などにより、人々の食生活にも大きな変化をもたらした。POSデータ分析を通じて、食品の需給に与えた影響と課題をまとめ、今後に備えた供給側の対策を考える。
受付終了

O2
15:40
|
17:00
[会場] ニューノーマルにおける生活者の食と消費~ コロナインパクトによる意識・生活の変化が、食生活や消費行動に与えた影響とは? ~
(株)インテージ カスタマー・ビジネス・ドライブ本部 生活者研究センター センター長 / 事業デザイン部 シニア・サービス・デザイナー 田中 宏昌 / 塩谷 誠二郎

with/ after コロナにおける新しい日常は、食生活や消費行動にどんな影響を与えたのか。生活者の意識や日常、食生活、消費行動の変化を、自主企画調査や購買ログデータで捉え、食品業界にとってのチャンスやヒントを探る。
受付終了

オンライン
O-Online
[オンデマンド配信] これからの食品市場を探る(O1、O2通し)

Oのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

O1-Online
[オンデマンド配信] コロナ禍における食品供給の対応と課題

O1のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

O2-Online
[オンデマンド配信] ニューノーマルにおける生活者の食と消費~ コロナインパクトによる意識・生活の変化が、食生活や消費行動に与えた影響とは? ~

O2のオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

P. 表示・広告規制への対応

11月18日(水)
P
13:40
|
15:00
[会場] 最近の景表法、薬機法、特商法による広告規制の現状と対策~とくに美容広告における留意点を解説
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 美容広告専門チームリーダー 弁護士 成 眞海

化粧品や健康関連商材の広告表現に対する規制は年々厳しく、また多様化してきている。薬機法や景表法など、関連法規に違反しないための留意点を、最新の動向を踏まえつつ解説する。
受付終了

オンライン
P-Online
[オンデマンド配信] 最近の景表法、薬機法、特商法による広告規制の現状と対策~とくに美容広告における留意点を解説

Pのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

Q. インデナジャパン・プライベートセミナー

11月16日(月)
Q
14:20
|
16:20
[会場 会議棟6F] ケルセチンの抗アレルギー機能・最新研究
静岡県立大学 特任教授 大学院薬学研究院・薬食研究推進センター長 山田 静雄

ケルセフィット(高吸収ケルセチン)の摂取がアレルゲンによる鼻目のアレルギー反応に及ぼす影響~ランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験結果を発表~
受付終了

オンライン
Q-Online
[オンデマンド配信] ケルセチンの抗アレルギー機能・最新研究

Qのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

R. 林原・プライベートセミナー

11月17日(火)
R
14:00
|
16:40
[会場 会議棟7F] 超高齢化で変わりゆく食 ~健康長寿を支える食品市場とは~

14:00-14:40
Withコロナ時代の高齢者栄養管理~摂食嚥下障害の対策から感染予防まで~
金谷栄養研究所 所長 金谷 節子

14:40-15:20
介護食市場に向けたUDF商品の開発~これまでの歩みと今後の展望~
日本介護食品協議会 会長 森 佳光
(キユーピー(株)執行役員広報・グループコミュニケーション室長)

15:30-16:10
タンパク質摂取量の新たな考え方とフレイル・サルコペニア予防
東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授 加藤 久典

16:10-16:40
食の美味しさと健康をサポートする林原の健康3素材
(株)林原 営業マーケティング部門 マーケティング部 丸田 和彦
受付終了

オンライン
R-Online
[オンデマンド配信] 超高齢化で変わりゆく食 ~健康長寿を支える食品市場とは~

Rのオンデマンド配信です。
*展示会閉会の翌週に、動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。尚、視聴期間は12月15日(火)までです。視聴期間内は何度でも視聴可能です。
受付終了

S. ノボザイムズジャパン・プライベートセミナー

11月17日(火)
S
13:20
|
16:45
[会場 会議棟6F] ノボザイムズと実現するSDGs達成のための酵素イノベーション

13:20-13:40
ノボザイムズのSDGsへの貢献

13:40-14:15
製パン産業における廃棄ロス削減への新たなアプローチ
東京農業大学応用生物科学部教授 野口 智弘

14:15-14:25
ベイキング酵素

14:25-15:00
未利用資源(チーズホエイ)から作られるブラウンチーズについて
日本獣医生命科学大学応用生命科学部准教授 三浦 孝之

15:00-15:15
ラクターゼ、プロテアーゼの残渣処理

15:30-15:55
米飯調理における酵素のソリューション

15:55-16:45
穀物/澱粉 酵素による澱粉回収の効率化
受付終了

オンライン
S-Online
[ライブ配信] ノボザイムズと実現するSDGs達成のための酵素イノベーション

Sのライブ配信です。
*お申込者には、事前に動画視聴のためのURLとパスワードをお送りします。
*ライブ配信のお申込締切は11月11日(水)です。
受付終了

 

Loading...