本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。
セミナープログラム&お申込み

イベントステージA

9月26日(月)
011
10:20
|
11:20
桜田 一洋

第12回ビューティ&ウエルネスサミット
新しい長寿時代・新しいグローバル時代の健康・美容を目指して

 

コロナ禍を経験し、われわれの社会は全く新しい将来像を描こうとしている。一気に進んだデジタル化、一極集中から分散型社会へ、量から質へ、多様性・共生社会へ。超高齢社会を生きる日本が持つ美容と健康の知恵や技は国際社会のなかでも大きな力となるに違いない。

 


 

基調講演① 健康寿命の延伸に向けたヘルスケア産業の今後(仮)
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課
コロナ禍により、ライフスタイルは大きく変化し、個人の健康意識の高まりがみられた。ポストコロナ時代に目指すヘルスケア産業について。健康経営、働く女性の健康などヘルスケア産業関連施策の狙いや近況を解説する。 

 

基調講演② 未来の美容・健康サービスの姿とは
慶応義塾大学医学部拡張知能講座 教授 桜田 一洋
長寿時代の「生きがい」に繋がる美容・健康の役割は大きい。多様な生き方のニーズに応えるために、個別化、高品質化、予測が求められていく。未来の美容・健康が必要とするのは、個々の「感性」を刺激する「体験価値」と、社会との「調和」だ。

 

準備中

012
11:40
|
12:20
逐次通訳
パメラ・アドキンズ

五行説と体内を流れるエネルギー

 

CIDESCO本部教育開発担当理事/ CIDESCO-NIPPON 特別顧問

/タカラ・インターナショナル エステティック カレッジ 主任教育ディレクター

パメラ・アドキンズ


 

経絡を刺激すると、女性特有の症状の改善を助け腸の働きを活発にすることができます。このコンセプトを説明した後、血行を促進し全身のバランスを整える目的で行う、足と顔に施すテクニックを披露いたします。

 

準備中

9月27日(火)
024
13:30
|
15:00

 

四国食品健康フォーラム2022

特別シンポジウム

食品の機能性表示のさらなる普及拡大に向けて

 

 

主催:一般財団法人四国産業・技術振興センター
共催:食品機能性地方連絡会、四国経済連合会、四国健康支援食品普及促進協議会

 


 

2006年にスタートした本フォーラムの足跡を振り返るとともに、基調講演ならびにパネルディスカッション(テーマ:地域と国との連携による消費者ヘルスリテラシーの向上)の内容を踏まえ、食品の機能性表示のさらなる普及拡大に向けた「フォーラム宣言」を採択する。

 

第1部 基調講演
第2部 パネルディスカッション

 

準備中

025
15:20
|
16:10
篠原 絵里佳
大久保 裕子
伊達 友美

 

第9回ダイエットフォーラム「女性の不調は食事で整える!」

 

 

フィーカレディースクリニック/管理栄養士 篠原 絵里佳

 

株式会社グローバルプランニング代表取締役/大妻女子大学非常勤講師

/学研アカデミー非常勤講師 大久保 裕美

 

【コーディネート】管理栄養士/戸板女子短期大学食物栄養科講師 伊達 友美

 


 

働く女性の健康課題がクローズアップされている。栄養・運動・睡眠の3大不足。今回9回目の人気プログラムダイエットフォーラムでは、「女性特有の不調と食事の関係」にフォーカス。女性のライフステージごとに起きる不調を整える食事とは何かについて語る。

 

準備中

カテゴリー別全セミナープログラム
Loading...