本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

セミナープログラム&お申込み

2月10日(金)

第1会場

1-12
10:30
|
11:10

 

 一般社団法人日本保険薬局協会 共催セミナー   認知症予防・ケア   認知症

薬剤師と一緒に認知症サポートについて考えよう

 

株式会社アインホールディングス 

業務サポート本部 指導監

土居 由有子 氏


 

認知症は以前に比べ多くの人に知られる疾患となってきました。しかし、認知症の人にどのように対応をしたらよいか多くの戸惑いの意見も耳にします。本講演では、認知症の人への医療者、介護者、ご家族に対する薬の飲ませ方を中心に認知症の人が心地良い生活を続けていけるかを事例に基づいて説明をする予定です。 

 

無料

受講する
1-13
11:30
|
12:10

 

先進・ユニークな事例をご紹介!未来を見据えた「次の時代の介護福祉経営」を考える

 

株式会社ケアビジネスパートナーズ

代表取締役

原田 匡 氏


 

本講演では「介護保険の動向解説」などに時間を費やす予定はありません。北海道から沖縄まで、年間200日以上の全国行脚を10年以上にわたり継続し、日々、全国の介護福祉経営者の皆様と共に「現在」と「未来」を見つめ改善し続けてきた知見を活かし、「次の時代の介護福祉経営のあり方」について考察を深めてまいります。

 

無料

受講する
1-14
13:00
|
16:30

 

 次世代介護ラボ 

介護×ケアテック ニーズ・シーズマッチング 

DXによる介護課題解決へ、新たな時代を切り開く

 

コーディネーター
宮本 隆史(一般社団法人日本ケアテック協会 理事、社会福祉法人善光会 理事)
宇井 吉美(一般社団法人日本ケアテック協会 理事、株式会社aba 代表取締役 CEO)

 

司会進行
秋本 可愛(株式会社Blanket 代表取締役)

 

主催:一般社団法人日本ケアテック協会
協力:経済産業省 関東経済産業局


 

介護の課題をテクノロジーで解決したい介護事業所と、最先端のテクノロジー・介護DXを提供するケアテック企業をつなぐマッチングイベントです。 

 

※途中入場も可能です。登壇施設・企業等は後日に決定いたします。

 

無料

受講する

第2会場

2-9
10:30
|
11:10

 

在宅における冷凍食品の活用 

 

名寄市立大学

保健福祉学部 栄養学科

中村 育子 氏


 

高齢者の家族世帯は全国的に独居や高齢者のみの世帯が多く、介護力が低いです。高齢者が在宅で元気に生活するために、フレイルやサルコペニアを予防することが重要です。買い物の頻度が高くない高齢者にとって、たんぱく質を摂る上で冷凍食品を活用し、メニューを広げて美味しく食べられる工夫について述べたいと思います。

※当日の参加状況により、座席をご用意できる可能性がございます。直接セミナー会場にお越しいただき、ご確認ください。

無料
満席

2-10
11:30
|
12:10

 

 認知症予防・ケア 

認知症の人の思い、介護家族の思い 

 

公益社団法人認知症の人と家族の会

副代表(埼玉県支部代表)

花俣 ふみ代 氏 / 介護家族

 

公益社団法人認知症の人と家族の会

埼玉県支部会員

渡邊 雅徳 氏 / 認知症の人

花俣 ふみ代 氏
渡邊 雅徳 氏

 

認知症の人と家族の会は1980年に結成した認知症の人と介護家族を中心にした当事者団体で、会員数は10,000人47都道府県に支部があります。 渡邊雅徳さんは40歳で発症し診断後の出会いをきっかけに、就労しながら講演活動や、埼玉県希望大使として本人発信をしています。 花俣ふみ代氏は京都の実母を、遠距離会議で看取られました。 認知症にかかわる多くの方々に、本人や家族の思いを知っていただき、認知症と向き合う一助になればと思います。 

 

無料

受講する
2-11
13:00
|
13:40

 

2024年度 介護保険制度改正・介護報酬改定の動向 

~2040年問題と介護人材確保~ 

 

東洋大学 

ライフデザイン学部 准教授 

高野 龍昭 氏


 

2024年度の介護保険制度・介護報酬の見直しについては、改正法案が2023年通常国会に提出されるとともに、報酬改定の詳細は同年春からの社保審介護給付費分科会で議論される。本講演ではその動向を解説するとともに、2040年問題と介護人材確保を巡る課題について論考する。 

 

無料

受講する
2-12
14:00
|
14:40

 

2023年コロナ禍の給食業経営 ~給食会社と介護事業者が取り組むべき最新事例~

 

株式会社日本給食業経営総合研究所

副社長執行役員 経営コンサルタント

井上 裕基 氏


 

依然続く人材不足にコロナ禍での物価高、最低賃金更新と給食業経営は一層難局を迎えています。給食会社や介護事業者をはじめ給食に関わる企業は、2023年から何をどのように取り組むべきかの意思決定が早々に必要です。給食業専門のコンサルタントが、給食会社と介護施設の両面から2023年を戦うための給食経営事例を解説します。

 

無料

受講する
2-13
15:00
|
16:00

 

医療・福祉施設給食の課題とセントラルキッチン導入のメリット

 

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

副代表理事

吉田 雄次 氏


 

医療・福祉施設給食は、食材費や人件費、エネルギーコストの上昇に伴う経営収支の悪化、とりわけ個別対応の増加と人手不足による矛盾、作業改善・IOT導入・システムの遅れ等多くの課題に直面しています。その課題を解決する選択肢の1つである「セントラルキッチン」の建設計画や導入メリットについて具体的にご紹介します。 

 

無料

受講する

第3会場

3-11
10:30
|
11:15

 

医療DXの動向と医療機関の現在地 ~今後のDX推進に必要なこと 

 

有限責任監査トーマツ

リスクアドバイザリー事業本部 ヘルスケア・シニアマネジャー

石間 正俊 氏


 

医療業界において医療DXという言葉が一般的に使われるようになる中、国においても「医療DX推進本部」発足「医療DX令和ビジョン2030」提言といった形で医療DXへの取り組みが加速しています。このような時代の中、医療関係者は今後のDXにどのように取り組むべきか、またどのような準備をすべきかについて考察します。 

 

無料
満席

3-12
11:35
|
12:15

 

X-Health:地域の健康課題解決、価値創出に向けた異業種参画型ヘルスケア

 

Ridgelinez株式会社 

Director 

川嶋 孝宣 氏


 

「人」を起点に“X-Health”、すなわちあらゆる分野の知見・技術を結集し、ヘルスケア領域の課題解決、価値創出を実現に向けて活動しているコンサルファームの立場から、異業種からのヘルスケア領域参入の事例、エイジテック・フードテック等の取組み紹介等を通じ、新たな共創につながる場になればと楽しみにしています。

 

無料

受講する
残りわずか
3-13
13:00
|
14:30

 

ウェルビーイング経営計画作成ワールドカフェ 

 

一般社団法人社会的健康戦略研究所 

理事 佐藤光弘氏(株式会社富士通ゼネラル)

理事 森本真弘氏(MS&ADインターリスク総研)

理事 渡辺武友氏(株式会社スポルツ) 

研究員 大草祥一氏(東芝健康保険組合)

研究員 宮崎公成氏(YKK AP株式会社)

研究員 森谷路子氏(株式会社ティップネス)

研究員 中村俊也氏(オムロンヘルスケア株式会社)

※他、研究員多数参加予定 


 

社会的健康戦略研究では、ウェルビーイング経営に携わる企業担当者、支援する事業者が研究員を務めています。 本講演では、ウェルビーイング経営を社会実装するために研究してきたコミュニケーションシートを使い、ウェルビーイング経営の計画作りのための解説と体験の場となるワールドカフェを開催します。

※当日の参加状況により、座席をご用意できる可能性がございます。直接セミナー会場にお越しいただき、ご確認ください。

無料
満席

3-14
14:50
|
15:35

 

イノベーション&ウェルビーイング創出を

健康経営で行う方法歯科とゴルフの活用等 

 

株式会社イブキ 代表取締役

平井 孝幸 氏

 

日本歯科医師会 常務理事 

小山 茂幸 氏

平井 孝幸 氏
小山 茂幸 氏

 

「健康」がテーマなのに経済産業省がリードしてきたのは、健康経営が経済に資する活動であるからです。しかし多くの企業が健康経営に取組むようになったものの、健康のためだけの活動にまだまだ留まりがちです。 どうすれば経営に資する活動にしていけるのか、2度の健康経営銘柄取得経験をもとに具体的な方法を紹介します。 

 

無料

受講する
3-15
16:00
|
16:30

 

産業アスレティックトレーナーが実現する、

現場フィジカルワーカーのための健康経営最前線 

 

 

株式会社ユーフォリア 

ウェルネス事業部 プログラム開発責任者(パートナー)

一原 克裕 氏


 

工場や物流現場などにおいて、従業員の高齢化や人材不足が懸念されており、健康で長く働くための従業員の「心身のコンディション」への支援が求められています。 本セミナーでは、先行するアメリカ企業の事例を含め、スポーツ科学やアスリートのコンディショニングノウハウを活用した働き方の最新情報や、当社がコクヨ株式会社と共同開発しているオリジナルプログラムをご紹介します。 

 

無料

受講する

第4会場

4-10
11:10
|
11:30

 

 出展社セミナー 

認知症予防の重要性と当院での取り組み

 

ヘテロクリニック

院長

木ノ本 景子 氏

 

協賛:一般社団法人日本セルフケア研究会


 

世界で最も高齢化率が高い日本にとって認知症は緊急課題です。アルツハイマー病はその発症前から原因物質の脳内蓄積が始まることが分かっており、認知症になる前から対策をとることが重要であると考えられます。認知症を予防するにはどうしたらよいのか、当院の取り組みを元に解説していきます。

 

無料

受講する
4-11
11:50
|
12:10

 

 出展社セミナー 

「香り高いだし」がポイント

ハンディブロスで実現する、メディカル給食の課題解決 

 

株式会社マルハチ村松

業務用事業ユニット 企画戦略グループ専任 管理栄養士

中島 香奈子 氏

 


ハンディブロスは引き立てのだしの風味を再現した、香りが高い濃厚な無菌充填液体だしです。うま味調味料無添加、食塩不使用、アレルゲン該当なし(特定原材料等28品目及び魚介類)で安心・安全に使用でき、作業の簡便化、再加熱における風味ロス、減塩食、介護食作りなどに役立ちます。

 

無料

受講する
4-12
13:00
|
15:10

 

高齢者施設で広がる「レクリエーションマネージャー」の重要性

 

日本アクティビティ協会 

理事長

川﨑 陽一 氏


 

高齢者施設のレクリエーションを開発・運営・管理する人材=レクリエーションマネージャー(レクマネ)を配置する施設が増えている。多くの施設ではレクのマンネリ化や参加率の減少等が恒常化している。本講座では施設における4つの資源を体系化して、ご利用者の自己実現の支援、レクメニュー開発方法、月間予定表作成方法、施設レクの現状分析方法等を学びます。施設レク担当者、及び企業担当者必見です。

 

[予定スケジュール]
第1部 13時~14時 (休憩) 第2部 14時10分~15時10分

 

無料

受講する
Loading...