本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

セミナープログラム&お申込み

2月9日(木)

第1会場

1-7
10:30
|
11:10

 

 基調講演 

これから求められる薬局・薬剤師の姿について 

 

厚生労働省

医薬・生活衛生局総務課 課長補佐

小川 雄大 氏


 

少子高齢化の進展、医療DXの進展など薬局薬剤師を取り巻く環境も急速に変化している中、薬局薬剤師には地域包括ケアシステムを支える重要な医療職種として役割を果たすことが求められている。今後の薬局薬剤師に求められる業務や薬局の機能のあり方について、厚生労働省の検討会等のとりまとめを中心に紹介する。 

 

 

無料

受講する
1-8
11:30
|
12:10

 

 次世代介護ラボ 

介護施設オペレーションDX ~介護現場のICT・テクノロジーの導入~

 

社会福祉法人善光会

理事、最高執行責任者、統括施設局長、

特別養護老人ホーム フロース東糀谷 施設長、

一般社団法人日本ケアテック協会 理事

宮本 隆史 氏


 

社会保障費の増大化や介護人材不足が顕在化する中、社会福祉法人善光会では、2009年ごろから介護ロボット機器などの最新のテクノロジーを導入し、業界にいち早く効率的かつサービス品質の高いオペレーションを確立した。自施設での事例をはじめ、介護施設のDX化や介護現場を取り巻くテクノロジーの状況について解説する。

 

無料

受講する
1-9
13:00
|
13:40

 

採用課題を解決!介護・福祉事業者のための採用ミニ講座

 

株式会社Blanket

取締役

野沢 悠介 氏


 

「募集をかけても応募が来ない」「採用が課題だが、何から手をつけて良いか分からない」。人材確保について、そのような悩みを持つ介護・福祉事業者の皆様を対象に、採用活動を成功に導く、採用戦略設計の視点や、上手くいかない採用活動の改善ポイントを解説します。

 

無料

受講する
1-10
14:00
|
14:40

 

 次世代介護ラボ 

介護医療現場でのスマート化の現状とロボットの最新動向

 

特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構

事務局長

伊藤 芳子 氏


 

介護医療現場での現状はどうか、海外の事例なども含めながら紹介し、現場で活躍するサービスロボットの最新動向を紹介する。 また、ロボットビジネス支援機構の活動内容の紹介を通して、ロボットビジネスを支援する取組や実績なども説明する。 

 

本講演は講演者が変更となりました。講演内容の変更はございません。

 

無料

受講する
1-11
15:00
|
16:30

 

 次世代介護ラボ 

ケアテックを使った介護現場を生中継、

最先端の「スマート介護士」を詳しく解説!

 

社会福祉法人善光会

サンタフェ総合研究所

佐藤 拡史 氏

 

社会福祉法人善光会

サンタフェ総合研究所

遠藤 丈文 氏

 

社会福祉法人善光会

サンタフェ総合研究所

山中 裕太 氏

佐藤 拡史 氏

 

忙しい現場を変えるためには、ケアテックの導入は必須です。しかし、使いこなすのが難しいという声も多くあります。最先端の技術を使いこなせる専門性と、介護の質の向上と効率化を成し遂げる実現力を備えるための「スマート介護士」資格試験が、今注目されています。当日は介護施設からの生中継を含め、詳しく解説します。

 

※本セミナーは、高齢者施設内の様子をオンラインで中継するため、個人情報等の機微情報がセミナー内で共有される場合があります。そのため、参加者によるセミナーの録音、録画、写真撮影などの行為は一切禁じています。またセミナー内で知り得た個人情報等の機微情報を無断で第三者と共有する行為も一切禁じています。上記に同意可能な場合のみお申し込みください。 

 

無料

受講する

第2会場

2-6
10:30
|
11:10

 

在宅高齢者の低栄養防止・フレイル予防に資する「健康支援型配食サービス」 

 

一般社団法人在宅栄養ケア推進基金 

業務執行理事

冨田 実 氏

 


 

厚生労働省は健康寿命延伸プラン(介護予防・フレイル対策・認知症予防)の中で、高齢者の低栄養防止・フレイル対策に資する健康支援型配食サービスを推進しています。 本講演では多職種連携で低栄養リスク高齢者を早期発見し、低栄養要因の対策の下、栄養管理と食支援を行う健康支援型配食サービスを紹介します。 

 

無料

受講する
2-7
11:30
|
12:10

 

 認知症予防・ケア 

大誠会スタイルの認知症ケア

 

医療法人大誠会内田病院

理事長

田中 志子 氏


 

内田病院を含む大誠会グループは、群馬県沼田市にあり、医療法人大誠会と社会福祉法人久仁会を中心とした医療・介護・福祉を一体的に提供しています。講演では、2002年から継続している「身体拘束ゼロ」はじめ、大誠会グループ版「地域包括ケアシステム」について紹介をしたいと思います。

 

※本講演はリモート講演です。セミナー会場において講師の登壇はありません。

無料

受講する
2-8
12:40
|
17:00

 

第10回 嚥下食メニューコンテスト決勝審査会

~地域の伝統食からオードブル・デザートまで~


 

書類審査の通過者がメディケアフーズ展の特設会場で調理実演を行います。決勝審査会を公開実施し、最優秀グランプリを決定します。
※事前申込制ではありません。当日受付にてご覧いただけます。

 

12:40 開会・主催者代表挨拶

12:45 第10回嚥下食メニューコンテスト概要説明
     金谷 節子 氏(金谷栄養研究所 所長)

13:00 調理審査(5組・各20~25分)

15:30 記念講演
              「嚥下食への取り組み ~コンテストを通して得られるモノ」
                水澤 慶太 氏(崇徳厚生事業団長岡福祉協会 障害者支援施設桐樹園 栄養課 調理師)

16:30 表彰式

 

[審査員]

金谷栄養研究所 所長 金谷 節子 氏

聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科 教授 柴本 勇 氏

リストランテアルポルト オーナーシェフ 片岡 護 氏

 

主 催:一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会、嚥下食ドットコム

後 援:月間「臨床栄養」

協 力:メディケアフーズ展

協 賛:伊那食品工業株式会社、株式会社林原、株式会社エフ・エム・アイ、フクシマガリレイ株式会社、タニコー株式会社

 

※開始時間が12:40からに変更になりました。

 

無料

第3会場

3-6
10:30
|
11:10

 

デジタル化の抵抗感が少ない患者支援DX 

 

国立大学法人千葉大学医学部附属病院

患者支援部 部長・特任准教授 

地域スマート医療コンソーシアム理事長 

竹内 公一 氏


 

新型コロナウイルス感染症対策を通じて、医療現場のIT活用が進みつつあるものの、高齢患者を中心に抵抗感は根強く存在します。遠隔医療や健康アプリ、ヘルスレコードが活用されるためには、核心にある技術だけでなく、あまり顧みられていない辺縁の工夫こそが必要で、デジタルへの抵抗感の克服につながります。 

 

無料

受講する
3-7
11:30
|
12:10

 

 一般社団法人日本保険薬局協会 共催セミナー 

変革期にある薬局業界における業界団体としての取り組み

 

一般社団法人日本保険薬局協会

特任部長

石井 僚 氏


 

2020年9月服用期間中フォローアップの義務化、2021年8月認定薬局制度、2022年4月オンライン服薬指導の規制緩和、リフィル制度導入、2023年1月電子処方箋運用開始と、変革期にある薬局業界において業界団体としての取り組みを通じて、現状を共有するとともに、今後について考える。

 

無料

受講する
3-8
13:00
|
14:00

 

 神奈川県・未病産業研究会 

自治体×リビングラボ

~健康課題解決に向けたエビデンス構築と社会実装~

 

神奈川県 政策局いのち・未来戦略本部室


平塚市 健康・子ども部健康課 課長代理(保健師)

萩尾 みゆき 氏


emol株式会社 代表取締役

千頭 沙織 氏


BCC株式会社(高石健幸リビング・ラボ運営事務局)

ヘルスケアビジネス事業部 上席マネージャー

狭間 希代美 氏

                           

三菱総研DCS株式会社 

テクノロジー事業本部 デジタル企画推進部 ビジネス推進グループ 担当課長 

西岡 裕子 氏

 

協力:神奈川県・未病産業研究会 

 

   

左から 萩尾 みゆき 氏、千頭 沙織 氏、狭間 希代美 氏、西岡 裕子 氏


 

神奈川県では、県民がより安心して未病改善に取り組めるよう、地域や職域において、健康課題解決に資するエビデンス構築のための実証事業を支援しており、こうした取組はリビングラボとして全国各地でも進められています。今回は神奈川県の「神奈川ME-BYOリビングラボ」と大阪府高石市の「高石健幸リビング・ラボ」について、自治体や企業等、関係者のリアルな視点でお話しいただきます。

 

無料

受講する
3-9
14:20
|
15:00

 

10年後の地域医療・コミュニティケアのカタチ

 

医療法人社団悠翔会

理事長・診療部長

佐々木 淳 氏


 

高齢化の進行+コロナ禍で国民の医療・ケアに対する認識は徐々に変化している。団塊世代が要介護高齢者となる時代、医療・ケアはアウトカムを伴う質量両面での進化が求められる。人材・財源が不足する中、いかに事業の持続可能性と患者・利用者価値を両立できるのか、考えていく必要がある。

 

無料

受講する
残りわずか
3-10
15:30
|
16:40

 

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2023

~セミファイナリストによるプレゼンテーション~

 

株式会社WizWe 代表取締役CEO 森谷 幸平 氏

株式会社パパゲーノ 取締役 COO 福田 恵人 氏

株式会社voice and peace 代表取締役、アナウンサー、ナレーター 赤平 大 氏

株式会社Medi-LX 事業本部 池辺 諒 氏

LOOVIC株式会社 代表取締役 山中 享 氏


 

株式会社WizWe

ヘルスケアのための習慣化プラットフォーム「Smart Habit」

株式会社WizWeでは過去1万人分の行動データ分析と習慣化サポーターの伴走により、フィットネスや未病・予防医療の習慣化、及びヘルスケア領域の新規事業立ち上げのお手伝いをさせていただいております。将来的には地域医療とも連携し、コミュニティを形成しながらユーザー様のウェルビーイングを実現することを目指しています。 

 

株式会社パパゲーノ 

リカバリーストーリーを絵本や音楽で届けてメンタルヘルスに貢献する 

辛い体験と向き合い今を生きる人の物語を「リカバリーストーリー」と呼び、精神疾患のスティグマ解消やピアサポートへの効果が期待されています。 絵本、音楽、絵画など多様な表現手法とNFTという技術を掛け合わせてリカバリーストーリーを世界中に届ける挑戦についてお話します。 

 

株式会社voice and peace 

gifted・発達障害支援者向け動画メディア「incluvox(インクルボックス)」

incluvoxを活用する事でギフテッドや発達障害の保護者、保育者、教育者、ビジネスパーソンの知見が向上する。その結果、日本企業の業績を2.3兆円伸ばす可能性があり、改正差別解消法へのリーガルリスクを予防できる。将来的に発達障害をLGBTQ同様にすることが大きな目的である。 

 

株式会社Medi-LX 

教育用電子カルテ×VRを用いたデジタルメディアシミュレーションの可能性 

コロナ禍の影響により、看護の臨地実習ができない場合の実習補完のための教育教材として、当社は2020年に教育用電子カルテ (以下、Medi-EYE) をリリース。Medi-EYEは現在、国内200校以上でご利用いただいている。今年度、新たにVR教材もリリースしたため、本講演をデジタルメディアシミュレーションの可能性を検討する機会とする。 

 

LOOVIC株式会社

空間認知が苦手なかた向けの、移動の概念を変えるハンズフリーフィジカルナビ 

ながら歩きをしない、ハンズフリーなフィジカルナビ。 首にまとうデバイスが、振動と声で直感的な誘導を実現。 空間認知に悩みを抱える人にとっては、外出する際における自立的移動が課題である。当事者目線で開発するとにかく分かりやすいナビにて、老若男女問わず、だれでも使いやすく、もっと移動したくなる社会を作る。 

 

無料

受講する

第4会場

4-4
11:10
|
11:30

 

 出展社セミナー 

非常食にVC足りてますか? 長期保存には安定型ビタミンC!

 

株式会社林原 


 

非常食に栄養足りていますか? VCは非常食に特に必要な栄養素です。安定型ビタミンC アスコフレッシュ®は通常のVCで生じる問題(着色、異臭、減衰など)が起こりにくく、安心して食品にご利用いただけます。

 

 

無料

受講する
4-7
13:30
|
13:50

 

 出展社セミナー 

介護職員の介入が変わる ―見守りセンサー最前線―

 

Tellus You Care 合同会社


 

新しい局面に進みつつある見守りセンサー。入居者の生活リズムデータを介護職員が活用していくことで、ケアの在り方に変化が起きています。科学的介護の時代に向け、介護職員と共に行った取組み事例を紹介します。 

 

 

無料

受講する
4-8
14:10
|
14:50

 

笑いは健康の万能薬 ―落語&お灸講座― 笑って学んで健康増進!

 

公益社団法人日本鍼灸師会 

広報普及IT委員会 委員

岡田 高 氏


 

講演は2部構成。第1部は三代目古今亭志ん朝の十八番だった落語「強情灸」を聞いて頂きます。続いて第2部は、その落語のネタを元に、お灸についてその歴史や手法、効果効能について面白く簡易にお伝えし、今この時代に適した、健康増進法としてのお灸の良さを知って頂こうと思います。 

 

無料

受講する
4-9
15:10
|
16:40

 

 神奈川県・未病産業研究会 

神奈川県・未病産業研究会 2月度全体会

 

神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科 教授
神奈川県立がんセンター 遺伝診療科 部長/臨床研究所 がん予防・情報学部 部長
成松 宏人 氏

睡眠分科会事務局(ビオスピクシス株式会社 代表取締役)
仙波 修 氏

未病産業研究会 会員企業

 

主催:未病産業研究会事務局(神奈川県政策局 いのち・未来戦略本部室 未病産業グループ)
 

成松 宏人氏

 

未病産業の未来を創る―。未病産業研究会は、次世代の新たなヘルスケア社会システムの構築を目指します。2月度全体会では、神奈川県の「未病指標」の取組みについて、神奈川県立保健福祉大学大学院教授の成松宏人氏らから発表いただくとともに、未病産業研究会の睡眠分科会の活動報告、会員企業によるピッチを予定しております。参加者同士の交流にもご活用ください。会員企業ではない方もご参加いただけます。 

 

無料

受講する
Loading...