セミナー一覧Seminar

本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

ヘルスケアITセミナー

1月28日(火)
8-1a
10:30
|
11:30

 基調講演 

生涯現役社会構築に向けて

経済産業省 商務・サービスグループ
ヘルスケア産業課 ヘルスケア産業課長
西川 和見 氏
 


[会場:Bホール 第8会場]

 聴講登録はこちら 
 
無料
9-1
10:30
|
11:30

ビッグデータとAIによる健康長寿社会づくり

千葉大学予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター /
老年学・社会科学研究センター 老年学評価研究部 部長
一般社団法人日本老年学的評価的研究機構 代表理事
近藤 克則 氏

企画協力:Med IT Tech
 


認知症リスク者の割合が3倍多いまちがある.延50万人の高齢者のビッグデータを用いてJAGES(日本老年学的評価研究)が明らかにした関連要因とは?NECとの共同研究で開発中の人工知能(AI)も用いた成果も紹介する。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
残りわずか
8-2
11:45
|
12:30

健康経営を実現するヘルステックビジネスの
最新潮流と脳神経科学、AI、フレキシブルデバイスなどを応用した新ビジネス

慶應義塾大学
大学院経営管理研究科 特任教授
岩本 隆 氏
 


現在、世界中でヘルステックビジネスへの投資が旺盛だが、日本国内でも
健康経営に取り組む企業の増加とともにヘルステックビジネスが成長軌道
に乗っている。本講演では、最先端のテクノロジーを応用した新たなヘル
ステックビジネスについて述べる。
※演題、要旨が一部変更となりました。(12/2)

[会場:Bホール 第8会場]
 
無料
満席

9-2
11:45
|
12:45

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020
プレゼンテーション


[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
8-3
13:00
|
14:45

ヘルスケアIoTはライフスタイルを変えるか?

[基調講演]ヘルスケアIoTによる医療・介護イノベーション

講演1. ヘルスケアIoTビジネスの展望

講演2. ヘルスケアIoTにおけるグローバル展開

講演3. 個人を軸としたパーソナルデータ流通基盤の開発・実証

 

基調講演
慶応義塾大学医学部 医療政策・管理学教室 教授
宮田 裕章 氏

講演1.
インテル株式会社 事業開発・政策推進ダイレクター
野辺 継男 氏

講演2.
世界経済フォーラム 第四次産業革命日本センター ヘルスケアデータ政策プロジェクト長
藤田 卓仙 氏

講演3.
株式会社KDDI総合研究所 取締役 フューチャーデザイン2部門長
木村 寛明 氏
 
宮田 裕章 氏
野辺 継男 氏
藤田 卓仙 氏
木村 寛明 氏


基調講演
要旨:ウエアラブルを含めヘルスケアデバイスで測定できる項目が充実し、その精度も向上してきたことに伴い、医療・介護へ今後どのような活用が多くなり、日常生活を健康的なものへと変えていくか、医療・介護へどのような変革をもたらすのか、そのためには何が必要となるのかについて述べる。

講演1.
要旨:コネクテッド・デイバスとヘルスケアIoTとの連携がどのように展開されていくのか今後の展望について述べる。

講演2.
要旨:世界経済フォーラム 第四次産業革命において進められているヘルスケアの価値向上のためのグローバルなイノベーションとIoTとのプラットフォーム連携関係について述べる。

講演3.
要旨:基本的にプライバシーの保護対象であるパーソナルデータを、その中でもとりわけセンシティブであるヘルスケアIoTデータも含め効率的かつ安全に流通することを可能とする基盤を総務省からの受託研究プロジェクトとして開発・実証した。本講演では、そのプロジェクトの狙い、開発システムの主な機能・性能を述べるとともに、実証結果を紹介する。

パネルディスカッション
スマホは世界中の人々に受け入れられ、ライフスタイルを大きく変えたが、ヘルスケアIoTは人にあまり意識されることなく徐々に受け入れられ社会浸透していく。
その浸透速度はスマホと比べるとかなりゆっくりとしたものであるが、その人のライフスタイルや人生まで変え、新たな価値観を生むポテンシャルを有している。

[会場:Bホール 第8会場]
 
無料
満席

9-3
13:00
|
13:30

データ分析から適応外使用の兆しを読み解く

株式会社インテージヘルスケア
ソリューション開発部 兼 クロスソリューション部 執行役員
佐藤 暢章 氏
 


適応外使用の実態がわかれば、新薬開発などに大変有用であるが、臨床医は保険請求可能なレセプト病名を記入することが多く、ファクトデータから実態を把握するのは難しい。弊社の医薬品DBDI Track)やシンジケートデータを活用し、適応外使用状況の分析を試みる。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
9-4
13:45
|
14:15

機器のメンテから医療事務の委託まで、
人員不足の課題を解消するIT業務&業務支援ソリューション

TeamViewer ジャパン(株)
ビジネス開発部 部長
小宮 崇博 氏
 


医療にITは必須となっているが、現場にはITスペシャリストはいない。また、日々の業務では、ワークフロー想定にない状況が発生しスキルのある人間による業務支援が必要となることがある。これらの課題を解決するオペレーション支援ソリューションを紹介する。


[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
9-5
14:45
|
15:30

健康経営銘柄3社のプレゼンティーイズム対策先進事例
~コニカミノルタ・塩野義製薬・古河電工の取組~

コニカミノルタ健康保険組合
事務次長 兼 コニカミノルタ株式会社
人事部 健康管理グループ
渕上 武彦 氏

塩野義健康保険組合
健康保険組合 事務長
岡野 英仁 氏

古河電気工業株式会社
戦略本部 人事部 健康推進センター 本社産業医
幸地 勇 氏

株式会社バックテック 代表取締役
福谷 直人 氏
 
渕上 武彦 氏
岡野 英仁 氏
幸地 勇 氏
福谷 直人 氏


【プレゼンティーイズムの可視化や施策に課題をお持ちのご担当者様必見!】
健康経営銘柄に認定されている3社が取り組む先進的なプレゼンティーイズム対策について、人事部・健康保険組合・産業医という異なる立場からの最新知見をご紹介いたします。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
残りわずか
8-4
15:00
|
15:30

医療分野における、オンラインコミュニケーションの活用法
~zoomで拡がるコミュニケーションの可能性~

株式会社ブイキューブ 営業本部 副本部長
佐藤 博史 氏
 


遠隔医療やドクター間のオンラインコミュニケーション、ディスカッションなど、医療分野でオンラインコミュニケーションが広がっています。ブイキューブでは、2019年より米国Zoom Video Communications社の『Zoom』の提供を開始しました。弊社は国内Web会議市場シェアNo1の国産メーカーとしての実績とノウハウをもとに、今後総合ビジュアルプロバイダーとしてZoomにも付加価値をつけて提供します。誰でも手軽に使えるzoomMTG、や簡単に多拠点と繋がれる、zoomRooms、また、すぐにオンラインラインセミナーを開催できる、zoomWebinar。これからのデモンストレーションと事例をもとに医療分野でのオンラインコミュニケーションの活用をご紹介します。

[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する
8-5
15:45
|
16:30

米国における医療ICTの動き:HIMSS2019の報告もかねて

中央大学大学院 戦略経営研究科 教授
真野 俊樹 氏
 


日本医療は世界一と言ってもいい。その要素として国民皆保険制度による医療への平等のアクセスがある。逆に米国では医療への平等なアクセスがない。逆にアクセスを ICT で高めていこうとしている。そして ICT の便利さやデータ分析力は医療を変えるかもしれない。

[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する
9-6
15:45
|
16:30

最先端医療技術の汎用化による健康状態の見える化が実現する
未来型プレシジョン・ヘルスケア

東京工業大学 生命理工工学院 准教授
林 宣宏 氏
 


研究や最先端医療でしか使えなかった遺伝子産物の網羅的解析技術(プロテオミクス)の汎用化による健康状態の見える化が興す健康管理の行動変容と、それにより醸成されるビッグデータを用いたAIカウンセリングにより実現する未来健康管理社会を議論する。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
1月29日(水)
8-6a
10:30
|
11:15

 基調講演 

保険者による効果的・効率的な予防・健康づくりに向けて

厚生労働省 保険局保険課 課長
姫野 泰啓 氏
 


健康寿命の延伸に向けて生活習慣病等の予防・健康づくりは重要である。厚生労働省は、保険者の効果的・効率的な保健事業を実施するためのデータヘルス計画やコラボヘルスを推進している。本講演では、これらに関連する予防・健康づくり施策について紹介する。

[会場:Bホール 第8会場]

 聴講登録はこちら 
 
無料
9-7
10:30
|
11:10

[ベンチャー/スタートアッププレゼンテーション]

大人数接続型VRプラットフォームを活用した新たな未来の取り組み
株式会社モノビット

宇宙飛行士トレーナーが考案した、リハビリテーション商品の紹介
有人宇宙システム株式会社


[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
8-7
11:30
|
12:30

[ベンチャー/スタートアッププレゼンテーション]

OUI Inc. と Smart Eye Camera 大学発ベンチャーの挑戦

株式会社OUI

公認会計士がアトピー専用アプリ「アトピヨ」を自分で作ったワケ
アトピヨ開発者 Ryotaro Ako

不安症医療環境課題研究報告及び弊社VR暴露療法ソフトの紹介
株式会社魔法アプリ

企画協力:慶應義塾大学医学部健康医療ベンチャー大賞


[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する
9-8
11:30
|
12:30

オンライン診療システムを用いたコミュニケーションと情報共有による地域医療連携の活用事例

社会福祉法人恩賜財団済生会支部
福井県済生会病院 集学的ガン診療センター センター長
宗本 義則 氏
 


福井済生会病院では、病気を抱えた方が安心して暮らせる社会の実現のために、不安を最小限に抑えられる医療サービスの提供を目指しています。本講演では、患者ケア及び、地域医療連携を推進するためのオンライン診療システムを活用した取組みをご紹介します。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
8-8
13:00
|
15:15

社会的健康度の改善、持続可能な共生社会実現を目指す
「社会的健康戦略研究所」発足の趣旨と活動のご報告

一般社団法人社会的健康戦略研究所 代表理事
浅野 健一郎 氏

一般社団法人社会的健康戦略研究所 理事
佐藤 光弘 氏, 重野 俊哉 氏, 植田 順 氏, 渡辺 武友 氏

一般社団法人社会的健康戦略研究所
三浦 豪紀 氏, 森本 真弘 氏, 塚本 幸一郎 氏, 藤田 祐一 氏

 
浅野 健一郎 氏


人生のライフステージに合わせ、WHOの定義する“健康”の実現のために組織された「(一社)社会的健康戦略研究所」。
2019年10月より先行スタートとして、職域研究部にてプロトタイプ運用をはじめました。なぜこのような社団が発足されたのか、浅野健一郎代表理事からご紹介、プレメンバー(経営コンサル、企業担当者、事業者)による現状の取り組みをご報告します。2020年4月から正式スタートとなる会員募集受付に関してもご案内いたします。


[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する
9-9
13:00
|
13:45

健康ポイントのトークンエコノミーを実現する
プラットフォームサービス

株式会社OKEIOS 代表取締役
中村 高歩 氏
 


近年、地域住民の健康維持サービスのニーズが、地域事業会社や地方自治団体に増えている。私たちは、ヘルスケア情報を個人主導で管理をする為、スマートフォンやIoTデバイスと連携したサービスの提供を行っています。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
9-10
14:15
|
15:00

地域健康課題の解決に向けた、
新しいヘルスケア・モビリティ・ソリューション(MaaS)の展開

株式会社フィリップス・ジャパン
ソリューション事業推進部 部長
川嶋 孝宣 氏
 


各地域では高齢化、医療従事者不足、医療費増大、人口減少・分散化に伴う移動・サービス提供の課題が多様化している。自治体ニーズを受け、参入したヘルスケア領域のモビリティサービス(MaaS)について、新たな連携につながるよう課題や事例を共有する。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
9-11
15:15
|
15:45

タンパク質で未来型の健康管理を!
AIプロテオミクスの新技術とは

Aiwell株式会社
執行役員・AIプロテオミクス エバンジェリスト
大村 知奈美 氏
 


[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
8-9
15:30
|
16:15

「組織と個人のシアワセ醸造」
ソニーグループ唯一のホワイト500企業からみた、健康経営を企業で推進/実施する「心構え」と「意義」、具体的な施策について

SMN株式会社
コーポレートカルチャー&リレーション推進準備室 室長
松本 裕文 氏
 


ソニーグループ唯一の健康優良法人(ホワイト500)取得企業の健康経営推進者が、どういった考え方で、どのように推進しているのか、追い風あり逆風ありのなかで行きついた1つの答えについてお話しします。

[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する
9-12
16:00
|
16:45

サントリー×コードブックが実現したICTを活用した健康経営事例
~データドリブンに社員のメタボを解消するフィットネスプログラム~

サントリーホールディングス株式会社
人事部 部長
後藤 アキ子 氏

コードブック株式会社 代表取締役
細野 貴文 氏
 
後藤 アキ子 氏
細野 貴文 氏


フィットネスライブストリーミング、運動・食・ストレス・睡眠レベルを可視化するウェブ問診票、パーソナルにカスタマイズされた動画トレーニングメニュー等を用いて、社員のメタボ解消を実施。
本講演では、そのスキームと行動変容及び結果データをご紹介します。

[会場:Bホール 第9会場]
 
無料

受講する
2-12
16:25
|
16:55

睡眠で、収益拡大に貢献する

株式会社O: (オー)
CEO
谷本 潤哉 氏
 


睡眠でメンタルケアやマネジメント強化を支援することで、経営課題解決にどう繋がったのか発表いたします。

[会場:Bホール 第2会場]
 
無料

受講する
8-10
16:30
|
17:00

購買データから栄養分析、健康行動を習慣化させる
社会インフラの実現

シルタス株式会社 代表取締役
小原 一樹 氏
 


当社が開発している「SIRU+」は、「栄養管理の自動化」と「食生活の把握」をコンセプトに、購買データから栄養分析するサービスです。日常生活の一部である買い物を健康行動に変えることで、意識せずに健康行動が習慣化される仕組み作りを
紹介いたします。


[会場:Bホール 第8会場]
 
無料

受講する

 

セミナーの追加
カテゴリー別全セミナープログラム
  • ファインケミカルジャパンセミナー
ページトップへ戻る
Loading...