セミナー一覧Seminar

本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

メディケアフーズ展セミナー

1月28日(火)
5-1
10:30
|
11:20

セントラルキッチン事業化の意義と経営計画の要点
~ベルキッチンでの実例より~

社会医療法人生長会 ベルキッチン統括所長
一般社団法人 日本医療福祉セントラルキッチン協会 代表理事
東條 桂子 氏
 


医療・福祉施設の給食部門は、人材不足・コスト削減などの深刻な課題に直面している。それらを解決する手段としての「セントラルキッチン」の可能性と、CK事業化における経営・業務運営上の課題を考察し、提言・アドバイスを行う。

[会場:Aホール 第5会場]
 
無料

受講する
6-1
10:30
|
11:20

地域共生社会における栄養ケア・ステーションの必要性と実際

関東学院大学 栄養学部 管理栄養学科 教授
公益社団法人 日本栄養士会 常任理事 栄養ケア・ステーション 部長
田中 弥生 氏
 


地域共生社会における住民や多職種に対し、医療・介護・生活面として顔の見える管理栄養士・栄養士を増員し継続的な栄養管理が必要とされている。具体化できる場所として「認定栄養ケア・ステーション」がスタートした。今回はその必要性と実際を示す。

[会場:Aホール 第6会場]   NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
7-1
10:30
|
11:20

「日本人の食事摂取基準2020年版」を読む

女子栄養大学出版部編集委員
前『栄養と料理』編集長 / 食生活ジャーナリストの会幹事
監物 南美 氏
 


日本人の食事摂取基準2020年版策定のための全検討会を傍聴した編集者が、高齢者に関連する部分の、策定までの経緯と注目ポイント(たんぱく質・ビタミンD・食塩相当量など)をレポートします。

[会場:Bホール 第7会場]  NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
6-2
11:40
|
12:30

【試食セミナー】
ユニバーサルデザインフード(UDF)の施設での活用例

社会福祉法人親善福祉協会 介護老人保健施設リハパーク舞岡
栄養課 管理栄養士
苅部 康子 氏

協賛:日本介護食品協議会
 


介護用加工食品(UDF等)を活用した嚥下調整食作成の取り組みや人手不足、加算への対応、食事形態決定などについて、具体的事例を交えて解説する。

[会場:Aホール 第6会場]
 
無料

受講する
5-2
12:15
|
17:00

第7回嚥下食メニューコンテスト

「一般料理部門」「デザート部門」「行事食部門」の各部門で書類審査を通過した計6組がメディケアフーズ展の会場内で調理実演。決勝審査会を公開実施し、最優秀グランプリを決定します。


決勝審査会プログラム ---------------------------------------------------
12:15 主催者挨拶 
            一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会 代表理事  東篠 桂子 氏
            概要説明
    金谷栄養研究所 所長  金谷 節子 氏 

12:40 調理審査

15:30 記念セミナー
    「嚥下調整食の使い方ー現場で嚥下食をどう用いるか?-」
    聖隷横浜病院 リハビリテーション室 言語聴覚士 前田 広士 氏

16:30 審査結果発表・表彰式
    [審査員]
    金谷 節子 氏(金谷栄養研究所 所長)
    柴本 勇 氏 (聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科 教授)
    片岡 護 氏 (リストランテアルポルト オーナーシェフ)

主催:一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会、嚥下食ドットコム
協力:メディケアフーズ展2020 
後援:月刊「臨床栄養」
協賛:伊那食品工業株式会社、株式会社エフ・エム・アイ、
   キッセイ薬品工業株式会社、株式会社TOSEI、日本調理機株式会社、株式会社林原

[会場:Aホール 第5会場/当日受付]
 
無料
6-3
12:50
|
13:40

慢性腎臓病の食事療法 -その理論と実際-

昭和大学病院栄養科 科長補佐 
菅野 丈夫 氏
 


慢性腎臓病の食事療法は、疾患の進行抑制を主目的に、高窒素血症、血清電解質異常、代謝性アシドーシス、腎性貧血などの抑制と改善を目的として行なわれます。本講演では、これらの効果についての作用機序を解説するとともに、食事療法の実際についてわかりやすく紹介します。

[会場:Aホール 第6会場]   NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
6-4
14:00
|
15:20

 新調理システム推進協会 特別セミナー 

HACCP+省人化=感染症食中毒予防対策=令和のニュークックチルシステム
ニチワ電機株式会社 専務取締役 コンサルティング 部長
一般社団法人 新調理システム推進協会 事務局長
西 耕平 氏


平成のニュークックチルシステムから、令和の新時代へ。調理科学の視点で新しく誕生した、「令和のニュークックチルシステム」。省人化した感染症食中毒予防対策の下で、美味しい給食運営を力強くサポートします。

[会場:Aホール 第6会場]
 
無料

受講する
6-5
15:40
|
16:00

【出展社セミナー】
ニュークックチルで生じる食品劣化へのトレハロースの活用

株式会社林原
 

再加熱の課題となる食感、風味、色調などの劣化について、トレハロースの活用ポイントをご紹介します。

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
無料
6-6
16:15
|
16:35

【出展社セミナー】
SDGsを実現する地域食品資源循環ソリューション
~コスト削減を解決する食品リサイクル~

株式会社NTTフィールドテクノ
 


廃棄処理するよりも低コストに、食品残渣を推肥にリサイクルし活用するソリューションについて

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料
1月29日(水)
5-3
10:30
|
11:20

ミールラウンドの視点 ~食べる力を診る、引き出す~

地域栄養ケア PEACH厚木 代表
江頭 文江 氏
 


栄養管理業務の中で、今やミールラウンドをすることは必須であり、その情報は重要である。摂食嚥下障害の問題は大きく、食形態や食環境の調整を適切に判断するために、ミールラウンドにおける管理栄養士の観察、評価の視点について、お話しする。

[会場:Aホール 第5会場]   NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
6-7
10:30
|
11:20

多様化する糖尿病患者の食事療法

駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科 教授
緑風荘病院栄養室 運営顧問
公益社団法人東京都栄養士会 会長
西村 一弘 氏
 


日本は急速に高齢化が進み、高齢糖尿病患者も増加し、肥満介入のエネルギー調整だけでは、食事療法が困難になっている。糖質制限やカーボカウント等々も提唱され食事療法は複雑困難になっているので、日本糖尿病学会の提言を踏まえて栄養ケアをお示ししたい。

[会場:Aホール 第6会場]   NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
5-4
11:40
|
12:30

食べること 生きること
~最後まで食べられる連携と街づくりへ~

新宿食支援研究会 代表 
ふれあい歯科ごとう 代表
五島 朋幸 氏
 


「口から食べる」ということは人間にとって重要な意味を持ちます。そのためには、市民が口から食べることの重要性を知り、医療に丸投げしない社会づくりが必要です。新宿食支援研究会が実践する「最期まで食べられる街づくり」から食べることを再考します。

[会場:Aホール 第5会場]   NR・SA単位認定セミナー
 
無料

受講する
6-8
11:40
|
12:30

【試食セミナー】
高齢者におけるGLIM基準による低栄養栄養診断と
嚥下調整食の応用


※医療介護従事者限定。メーカーの方の聴講はできません。

SOMPOケアフーズ株式会社
一般社団法人 健康長寿科学栄養研究所 代表理事
麻植 有希子 氏

協賛:マルハニチロ株式会社
 


要介護高齢者は摂食嚥下障害や慢性疾患など様々な要因により低栄養状態となることが報告されている。適切な栄養管理を通し社会保障費の増加を適正化することが求められている一方、低栄養診断基準がいまだ画一されていない。2018年に欧州で低栄養を診断するための新しい基準としてGlobal Leadership Initiative on Malnutrition (GLIM) criteriaが発表された。今回は基準を用いて高齢者における低栄養有病率とその食事形態の関連性について考えていきたい。

[会場:Aホール 第6会場]
 
無料

受講する
残りわずか
5-5
12:50
|
13:40

地域包括ケアシステムにおける在宅高齢者の栄養管理

医療法人社団福岡クリニック在宅部栄養課 課長
日本在宅栄養管理学会 副理事長
中村 育子 氏
 


在宅は家族構成が三世代同居から、高齢者のみ世帯や独居が増えていることから、介護力や食環境が低下し、栄養状態が低下しやすい状況にあります。本講演では地域包括ケアシステムにおける在宅高齢者の栄養管理について、お示し致します。

[会場:Aホール 第5会場]   NR・SA単位認定セミナー
 
無料

受講する
6-9
12:50
|
13:10

【出展社セミナー】
メディカル向け商品「デルモンテ おろしシリーズ」のご案内

キッコーマン食品株式会社
 


UDF区分「舌でつぶせる」!咀嚼困難な方でも手軽に安心して果物を摂取できる「キッコーおろしシリーズ」のご紹介。

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料
6-10
13:25
|
13:45

【出展社セミナー】
ニュークックチルで生じる食品劣化へのトレハロースの活用

株式会社林原
 


再加熱の課題となる食感、風味、色調などの劣化について、トレハロースの活用ポイントをご紹介します。

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料
5-6
14:00
|
14:50

がん研究会有明病院における、がん患者への栄養管理の実際

がん研究会有明病院 栄養管理部 主任
管理栄養士、NST専門療養士、がん病態栄養専門療養士
伊沢 由紀子 氏
 


がん治療に対する栄養介入効果として、欧米ではがん治療時の栄養指導の効果が報告されているが、当院でも病棟に栄養士を配置し入院中から外来まで、がん患者の栄養管理を実施している。その取り組みについて内容を紹介致します。

[会場:Aホール 第5会場]   NR・SA単位認定セミナー 
 
無料

受講する
6-11
14:00
|
14:20

【出展社セミナー】
からだにやさしいパラチノース®

三井製糖株式会社
 


ゆっくり消化吸収される天然糖質パラチノース®を使って美味しく、健康的な料理のお手伝いができます。

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料
6-12
14:35
|
14:55

【出展社セミナー】
植物性たん白 ~その利用と栄養・生理機能~

一般社団法人日本植物蛋白食品協会
 


1.植物性たん白の定義・生産出荷量等、2.植物性たん白の特徴と利用、3.植物性たん白の栄養と生理機能

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料
5-7
15:10
|
16:00

食事でがんは予防できるか

東京医療保健大学 副学長・医療栄養学科長
小西 敏郎 氏
 


私は消化器外科医を40年以上勤め、その間に胃がんと前立腺がんを体験したキャンサー・サバイバーでもある。講演では、2つのがんの治療体験を踏まえて、9つのがん種について疫学的データに基づいて、がん予防にかかわる栄養・食事の役割について紹介する。

[会場:Aホール 第5会場]   NR・SA単位認定セミナー
 
無料

受講する
6-13
15:10
|
15:30

【出展社セミナー】
中高年の健康な筋肉の為に:
TSI社HMB配合機能性表示食品のご紹介

株式会社リオラージュ
 


HMBのパイオニアTSI社と共同開発。筋肉量や筋力を維持するHMB(Ca・遊離酸)およびHMB配合製品のご紹介。

[会場:Aホール 第6会場/当日受付]
 
無料

 

セミナーの追加
カテゴリー別全セミナープログラム
  • ファインケミカルジャパンセミナー
ページトップへ戻る
Loading...