本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。

セミナープログラム&お申込み

  • 課題・テーマ
  • フリーワード
13講演が該当

2月20日(火)

第3会場

3-1
10:30
|
11:15

 

東北大学病院と企業との共創:

課題解決を通じたウェルビーイング実現、病院の新たな価値

 

中川 敦寛 氏

東北大学病院 産学連携室 教授 

東北大学 総長特別補佐(社会共創担当)


 

東北大学病院は患者さん、ご家族はもちろんのこと、全ての関係者にとり居心地の良い場所にするために、産業界とのアライアンス構築、OBL活用によるテクノロジー導入を進めてきた。富士通、NEC、西川、フィリップスをはじめとした事例の紹介、デザインチームをはじめ、病院が持ち合わせる新しい役割について概説する。

 

無料

受講する
残りわずか
3-3
13:00
|
13:40

 

ウェルビーイング視点で考える「食と健康」ビジネスのこれから

 

藤田 康人 氏

株式会社インテグレート 
代表取締役CEO


 

健康食品市場において、もはやただ個別の不調に対するヘルスクレームを訴求するだけでは、なかなか生活者は動いてくれません。ウェルビーイング視点で食や健康について捉えなおすことで、新しいビジネスの可能性が見えてきます。アメリカ展示会などの最新情報も交え、これからのヘルスケアビジネスについてお話します。

 

無料

受講する
残りわずか
3-5
14:50
|
15:40

 

健康無関心層を動かす「ウェルビーイング経営」の始め方

 

平井 孝幸 氏
株式会社イブキ 
代表取締役

 

ゲスト:
 

三宅 邦明 氏
株式会社ディー・エヌ・エー
CHO(Chief Health Officer)  


井出 和孝 氏
SCSK株式会社 人事・総務本部
D&I・Well-Being推進部 部長 


小林 健二郎 氏
ライオン株式会社
取締役 兼上席執行役員

平井 孝幸 氏

 

「健康経営」では強制や禁止するような健康ファースト施策も許されましたが、「ウェルビーイング経営」においては、従業員ファースト(従業員目線)を最重要視し、エンゲージメントやワークパフォーマンス向上による、企業価値向上・経営力強化を行います。従業員が喜ぶ施策の具体例や、ウェルビーイング経営に取組む企業の方々とともに、健康無関心層を動かす方法をご紹介します。

 

※当日は事前申込されている方より会場内にご案内いたします。
※事前申込がない場合でも、当日のセミナー会場に空席がある場合に限りご案内いたします。
※空席がない場合でも立ち見でのセミナー聴講は可能でございます。

 

無料
満席

3-6
16:00
|
16:50

 

健康経営から始めるウェルビーイング経営

 

熊倉 利和 氏
IKIGAI WORKS株式会社   代表取締役社長 

⼩松原 祐介 ⽒
健康保険組合連合会  組合サポート部長(保健担当)
経産省 健康投資WG委員

奥野 洋⼦ ⽒
都築電気株式会社 総務⼈事統括部 ⼈事戦略室 担当課長

熊倉 利和 氏
⼩松原 祐介 ⽒
奥野 洋⼦ ⽒

2022年5月、経産省より2年ぶりに改訂された人材版伊藤レポートを契機に人的資本経営やウェルビーングが注目されています。冒頭で、健康経営優良法人認定の制度設計に関わった健保連:小松原氏による、医療保険者から見たウェルビーング経営について講演。創業92年IT企業の健康経営を最前線で推進してきた奥野氏から取組みについて解説。同社の取組み(やり方)の起点となるウェルビーング(あり方)について、パネルディスカッションします。

無料

受講する
残りわずか

第4会場

4-3
12:00
|
12:20

 

【出展社セミナー】

健康経営における課題 ~プレゼンティーズムによる損失~

 

雀部 亜莉子 氏

株式会社ZEN PLACE Well-being HQ事業部


 

身体の不調を抱え、無理をして仕事を行っている従業員のかたがおります。そこには見えない損失が発生。プレゼンティーズムの3大要素、「腰痛」「肩・首」「こころ」を正しくケアすることで健康経営に導きます。

 

無料

受講する
4-4
13:00
|
13:30

 

【出展社セミナー】

超高齢少子社会の課題を“脳科学”で解決する

 

川島 隆太 氏

株式会社NeU 取締役CTO


 

日本では超高齢少子社会を迎え、社会保障費の増大や働き手の減少等大きな社会課題を抱えています。NeUは脳科学を応用してこれらの社会課題の解決を目指しています。本講演では脳科学を応用した高齢者の健康寿命延伸や就労促進、働く世代のストレス対策や脳力開発を支援するソリューションについてご紹介します。

 

※当日は事前申込されている方より会場内にご案内いたします。
※事前申込がない場合でも、当日のセミナー会場に空席がある場合に限りご案内いたします。
※空席がない場合でも立ち見でのセミナー聴講は可能でございます。

 

 

無料
満席

2月21日(水)

第3会場

3-9
13:00
|
13:30

 

ヘルスケア習慣への一歩!人によるサポートで三日坊主を防止

 

石津 敦弘 氏

株式会社WizWe 執行役員

SaaSプラットフォームカンパニー

オープンイノベーション


 

株式会社WizWeはフィットネスやヘルスケア領域における、三日坊主防止・習慣化のサポートを提供しております。セミナーでは、弊社が提供する習慣化のメソッドをはじめ、これまでに導入いただいた企業様の事例も含め紹介いたします。習慣化に課題をお持ちの事業者様は是非ご参加ください。

 

無料

受講する

第5会場

5-1
10:30
|
12:30


【実践研修】現場で役立つ実践的な研修講座(少人数制のワークショップ)

アスリートに学ぶ!
人や自分自身の心を動かすパーパスの作り方ワークショップ

 

伴 元裕 氏

株式会社OWN PEAK 代表取締役

※少人数制の研修講座です。
同業他社様のご参加はお断りさせていただきますのでご了承ください。



昨今、人的資本経営やパーパス(存在意義)の追求の重要性が謳われるようになりました。組織は人材を、利益や価値を生む資本のような存在と捉え直し、能力を最大限に引き出す環境づくりが求められています。また、個人にとっても、存在意義の追求を通して自身が働く価値を感じられることは、ウェルビーイングをもたらします。したがって、社会における存在意義の追求は、個人、組織、社会の三方よしであるのです。他方で、納得のいく存在意義を設定することは容易ではありません。そこで、本講座では、アスリートの思考方法を例に、パーパスの作り方ワークショップを行います。誰にでも簡単にできるゲーム形式ですので、お気軽にご参加ください。
 


(講演者プロフィール)
7年間の商社勤務経験を経たのち、五輪メダル最多国アメリカが取り組む心理戦略を学ぶためデンバー大学大学院スポーツ&パフォーマンス心理学修士課程に進学。卒業後、アスリート、スポーツチーム、企業を対象に人材開発、組織開発のコンサルタントとして活動中。支援した選手たちは、東京五輪銀メダル獲得、男子サッカー日本代表選出、クライミング世界選手権4連覇、ロードレース全日本選手権優勝といった成果を上げている。“人や組織が、より多くのことを実現できるようにすること”を目的とした実力発揮のためのこころの知見を広めている。東京都大田区出身。株式会社OWN PEAK代表取締役。NPO法人Compassion
代表理事。趣味は、パデル。
 

無料
満席

5-2
13:30
|
15:30

 

【実践研修】 現場で役立つ実践的な研修講座(少人数制のワークショップ)

健康経営からウェルビーイング経営へ
人を起点とした持続可能な取り組みとは?

 

一原 克裕 氏

株式会社ALIGNE 代表取締役

 

周藤 滉平 氏

東京海上ディーアール株式会社 
ヘルスケア・人的資本マネジメント事業部
主任研究員


※少人数制の研修講座です。
同業他社様のご参加はお断りさせていただきますのでご了承ください。

一原 克裕 氏
周藤 滉平 氏


前半は講義形式で「健康経営」「人材・組織マネジメント」から考えるウェルビーイングマネージメントの考え方を共有し、皆様が現在行っている様々な取り組みを整理し、今後継続的な取り組みを行う上で頭に入れておきたい視点を持って頂きます。各企業それぞれ取り組み状況は異なる中で、既に健康経営に取り組まれている企業様には、その取り組みをどうウェルビーイングに繋げるのか。また、これから健康経営を始めようという皆様にはウェルビーイングを実現するためにどのように健康からアプローチしていけるのかをお伝えします。後半はワークショップ形式でウェルビーイング経営に繋がる健康経営の取り組みに関して、参加者の皆様で考えていきたいと思います。


(講演者プロフィール)

株式会社ALIGNE 一原 克裕 氏
早稲田大学人間科学部卒、ブリッジウォーター州立大学大学院修了。米国認定アスレティックトレーナー。MLBシアトルマリナーズ、WBC中国代表、2023ラクロス男子日本代表に帯同。トップアスリートのコンディション管理や予防領域のスペシャリストとして活動してきた経験を活かし、現在、株式会社ALIGNEで「Wellness Design Firm」という専門家集団を束ね、健康経営及びウェルビーイング経営におけるウェルネスプログラム開発及び企画・提供を大企業中心に展開中。従業員起点で持続可能な健康経営の取り組みをするためのウェルネスデザインを行っている。

東京海上ディーアール株式会社  周藤 滉平 氏
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了(スポーツ科学修士)。
プロ野球球団にてストレングス&コンディショニングコーチを務め、選手のパフォーマンス向上、傷害予防に従事したのち、2021年東京海上ディーアール入社。企業向けの健康経営推進支援や人的資本経営支援、保険者向けのデータヘルス推進支援を中心に業種を問わず数多くのコンサルティングに従事。戦略や方針の策定から施策の実行支援まで、健康データや人事データ等を活用したデータ分析や効果検証結果に基づいたソリューションを提供。

 

無料
満席

2月22日(木)

第3会場

3-13
10:30
|
11:00

 

ヘルスケア産業政策の現状と今後の方向性

 

橋本 泰輔 氏

経済産業省 ヘルスケア産業課 課長


 

ヘルスケア政策の目指す姿や経済産業省の役割、産業創出・振興に向けたアプローチの考え方について講演します。具体的なテーマとしては、健康経営、PHR、地域やベンチャー発のヘルスケア産業の創出、国際展開支援などについてご紹介します。

 

※当日は事前申込されている方より会場内にご案内いたします。
※事前申込がない場合でも、当日のセミナー会場に空席がある場合に限りご案内いたします。
※空席がない場合でも立ち見でのセミナー聴講は可能でございます。

無料
満席

3-15
13:00
|
14:15

 

経営者とわかりやすく共有したい!

ウェルビーイング・健康経営計画&運用のヒント

 

一般社団法人社会的健康戦略研究所

理事 佐藤 光弘 氏(株式会社富士通ゼネラル)

理事 渡辺 武友 氏(株式会社スポルツ)

研究員 大草 祥一 氏(東芝健康保険組合)

研究員 宮崎 公成 氏(YKK AP株式会社)

研究員 川上 昌毅 氏(株式会社日立システムズ)

研究員 田中 博典 氏(NECソリューションイノベータ株式会社)

※他、研究員多数参加予定


 

健康経営の計画作りから運用に関する情報を、経営者と関係者で共有することに苦慮されるケースが多数あることを伺っております。今回、社会的健康戦略研究で健康経営を社会実装するために研究してきたツールを使い、同じ悩みを持つ参加企業担当者と共有するワークショップを開催します。

 

無料

受講する
残りわずか
3-16
14:35
|
15:25

 

健康経営と労働災害防止の二刀流!

新たな人材獲得と長く働き続けられる環境を目指して

 

 一原 克裕 氏
株式会社ALIGNE  代表取締役


永田 智久氏
産業医科大学 産業生態科学研究所
産業保健経営学研究室 准教授


澤田 京樹 氏
厚生労働省
労働基準局安全衛生部安全課
中央産業安全専門官
 

一原 克裕 氏
永田 智久 氏
澤田 京樹 氏


企業が取り組む安全衛生/産業保健活動と健康経営は今後、より密接に連携をすることが求められ、ウェルビーイングな働き方を実現するために必須となるはずです。両者の取り組みの共通点や連携ポイントをそれぞれの立場で共有をし、これから現場で取り組む上での新たな視点を提供します。
 

無料

受講する

第4会場

4-18
11:40
|
12:20

 

こども食堂と高齢化社会

~高齢者施設、医療機関等と地域連動した取り組みについて

 

遠藤 典子 氏

認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ

プロジェクトリーダー


 

こども食堂は全国に7363カ所(2022年12月調べ)まで拡大しました。子どもの貧困対策にとどまらず、地域の交流拠点として着目されているこども食堂は、高齢者施設をはじめ地域の医療関連機関と柔軟な連携・協働が進んでいます。各地のこども食堂との協働事例をご紹介しながら、地域貢献・ウェルビーイングを皆さんと考えたいと思います。

 

無料

受講する
Loading...