本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。
セミナープログラム&お申込み(展示会場開催)
セミナーのお申込みには、予め「来場事前登録」の際に発行されるIDが必要です。
来場事前登録をお済みでない方は、先に来場事前登録を行ってください。
※下記セミナーは、展示会場(東京ビッグサイト)で開催されるセミナーです。
 オンラインではご視聴できませんので、ご注意ください。

オンコロジーコンファレンス

会場: 6M会場 (会議棟6階 605)
定員: 70 名 ※事前登録制
4月16日(金)
6M-12
11:45
|
12:30
個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測
日本電気(株)
AI創薬事業部 シニアエキスパート
山下 慶子 氏

がん免疫療法は、手術療法、化学療法、放射線療法に続く第4の治療法として期待されている。その中でも患者個々の腫瘍特異的変異抗原(ネオアンチゲン)を標的とした個別化がんワクチンの開発に向け、遺伝子解析技術及びAI技術を活用し、患者の免疫反応を誘導するネオアンチゲンを予測するアプローチについて紹介する。
受付終了

6M-13
13:00
|
13:45
創薬における3D細胞培養技術の活用
凸版印刷株式会社 
総合研究所 課長
大阪大学大学院 工学研究科 
先端細胞制御化学共同研究講座 招へい准教授
北野 史朗 氏

現在、凸版印刷は大阪大学と共同で開発した独自の3D細胞培養技術を用いて、創薬、再生医療に資する研究開発を行っている。今回は、公益財団法人がん研究会と共同で行っている’がん-間質モデル’を用いた抗がん剤評価結果を中心に発表し、創薬におけるin vitroモデルのあり方について考えを述べたい。
受付終了

6M-15
15:30
|
16:15
がん情報メディア「オンコロ」が挑むヘルステックビジネス~flexible ePRO「3H-P-Guardian」の開発~
3Hクリニカルトライアル(株)
取締役副社長
可知 健太 氏

当社は、2015年にがん情報メディア「オンコロ」を立ち上げ、約100試験の被験者募集を行っており、患者、医療者、製薬企業のニーズを得やすい環境にいる。その特性を活かし、医療者、患者、統計家と共に開発したmHealth、EDC、EHR/EMR連携させたePROと、バリデーションのために実施したがん患者100名のサイトレス・トライアル結果を紹介する。
受付終了

カテゴリー別全セミナープログラム
ページトップへ戻る
Loading...