CPhI Japan ICSE Japan P-MEC Japan BioPh Japan InnoPack Japan
本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。
セミナープログラム&お申込み
セミナーのお申込みには、予め「来場事前登録」の際に発行されるIDが必要です。
お済みでない方は下記のボタンよりご登録ください。
各カテゴリーからご希望のセミナーにチェックを入れ、最後に「保存して確認」ボタンを押してお申し込みください。
来場事前登録はこちらから

ファーマ IT ベンチャー / スタートアップ

会場: 西3ホール
定員: 100 名 聴講無料 ※事前登録制
3月16日(月)
2V-2
11:15
|
11:45
【ルーム:2V】
ドローンとバーチャルツアーを活用した医療、ヘルスケア分野での研究開発
(株)シアン
代表取締役 岩井 隆浩

バーチャルツアーサービスを活用したヘルスケア領域での研究開発やQOL向上を目指した実証試験の事例紹介。
開発中のサービス「空力車」は現在までに300名近くの方々に提供されサービスは新たなステージへ突入している。
今後見込まれるバーチャル技術を応用した取組とその行先をスタートアップ視点から紹介する。
受付終了

2V-3
12:45
|
13:15
【ルーム:2V】
5G×AIロボットを活用した医療・介護予防プログラム
〜 高齢者向けDTxの開発と効果 〜
(株)ハタプロ
代表取締役 伊澤 諒太 氏

認知機能障害を早期に発見し、早期から積極的に非薬物的介入を行うことで認知機能の維持が可能、高齢者でも継続しやすく、医学的根拠の高い介入プログラムを目指し開発された対話AIロボット「ZUKKU(ズック)5G」の紹介、タブレットを活用した高齢者向けデジタルセラピューティクスの効果と今後
受付終了

2V-4
13:30
|
14:00
【ルーム:2V】
ピアサポートによる糖尿病治療効果向上

 
エーテンラボ(株)
代表取締役 長坂 剛 氏

生活習慣病患者の増加が予想されているが、対応する医療従事者はこれ以上増やすことは難しい。患者同士のピアサポートで治療効果を向上させることで、生活習慣病治療の治療が継続しないという課題を解決する。アプリ「みんチャレ」を使った5人1組のピアサポートで治療効果の向上が期待される。
受付終了

2V-5
14:15
|
14:45
【ルーム:2V】
現場でもバックオフィスでも!使えるアジラのAI
(株)アジラ
アプリケーション事業部
COO 三村 完 氏

株式会社アジラの2つの主要なプロダクト、AI-OCR(文字認識)サービス「ジジラ」と姿勢推定を利用した「行動認識」。この2つのプロダクトは製薬における現場、またそれを支えるバックオフィス、双方で活用することができます。これらの具体的な活用の具体例を挙げつつご説明させていただく。
受付終了

2V-6
15:00
|
15:30
【ルーム:2V】
タンパク質で真の健康管理を!
「AIプロテオミクス」の新技術とは
aiwell(株)
経営企画室
執行役員 経営企画室長 大村 知奈美 氏

研究や最先端医療でしか使えなかった遺伝子産物の網羅的解析技術(プロテオミクス)の汎用化による健康状態の見える化が興す健康管理の行動変容と、それにより醸成されるビッグデータを用いたAIカウンセリングにより実現する未来健康管理社会を議論する。
受付終了

2V-7
15:45
|
16:15
【ルーム:2V】
コンピュータビジョンによる細胞特徴量を用いた創薬支援と
イージーオーダー医療
シンフォニクス
代表 石橋 誠 氏

血液や肝細胞、神経細胞やiPS細胞から強制発現させた疾患組織等を対象とし、それらの形状およびテクスチャ特徴量をコンピュータビジョンにより抽出し、その経時変化から創薬・投薬候補の効能や副作用、細胞や疾患組織の形態変化や分化を分析することで、迅速かつ大量な解析を自動化するソフトウェアをご紹介する。
受付終了

3月17日(火)
2V-12
14:15
|
14:45
【ルーム:2V】
遺伝子発現データを用いた新たなスクリーニング系による創薬支援
“創薬ターゲットからの脱却”
ソシウム(株)
事業開発部
部長 川井 寛 氏

近年、創薬ターゲットの枯渇から表現型スクリーニングが再注目されている。その一方で、モデル細胞/動物の作成が難しく、適用できる疾患が限られているのが現状である。本講演では、疾患病態特有の遺伝子シグネチャと独自のネットワーク解析によって、幅広い疾患へ適用できる新たな表現型スクリーニング技術を紹介する。
受付終了

2V-14
15:45
|
16:15
本講演は都合によりキャンセルとなりました。

「探しづらい」「活用しづらい」社内のテキスト情報をどう扱うか?
~自然言語処理によるAIソリューション事始め~
伊藤忠テクノソリューションズ(株)
ライフサイエンス事業部 技術開発第1部
エキスパートエンジニア 尾上 淳史 氏

情報がデジタル化されることで企業内に多くの文書が蓄積されていますが、文書が増大することで、必要な情報は探しづらくなり、包括的なデータ活用も難しくなってきている。
本講演では自然言語処理によるテキスト情報からの知識獲得をテーマに、コグニティブ検索プラットフォームと解析ソリューションを紹介する。
 
受付終了

3月18日(水)
2V-19
14:15
|
14:45
新しいリアルワールドデータプラットフォーム:
世界各国のデータにワンストップアクセス


リアルコンサルティングデータ
最高技術責任者
ロビン・サファティ 氏

リアルコンサルティングデータ
オペレーションディレクター
町田 有紀 氏
ロビン・サファティ 氏
町田 有紀 氏

弊社は医療に特化した公開データをグローバルに収集しオンライン分析ツールを通じて提供しています。本プレゼンテーションでは弊社のOpen Innovation Program(オンライン医療公開データ分析ツール)及びData Strategy(データ活用システム)について、デモを行いながら紹介します。
受付終了

 

カテゴリー別全セミナープログラム
出展社プレゼンテーション
  • ファインケミカルジャパンセミナー
Loading...