CPhI Japan ICSE Japan P-MEC Japan BioPh Japan InnoPack Japan
セミナープログラム&お申込み
セミナーのお申し込みには、「来場事前登録」が必要です。まだお済みでない方はまず
は下記のボタンから来場者事前登録を完了いただきセミナー登録に必要なIDとパスワード
を入手してください。
来場事前登録はこちらから
<お申込み方法>
  • 全セミナープログラムは、画面左側のセミナーカテゴリーの一覧より、各カテゴリーごとにご覧いただけます。
  • ご希望のセミナーの「□受講する」の部分をクリックした後、画面一番下の「保存して確認」のボタンをクリックし、お申込み内容の確認の画面にお進みください。 続けて別カテゴリーのセミナーを併せて申し込む場合は、「他のセミナーも続けて申し込む」のボタンをクリックし、画面左側のカテゴリーの一覧から他のカテゴリーに移動して、お申込みを継続できます。
  • 一度セミナー申込みを完了いただいた後でも、他のセミナーを追加申し込みできます。

ファーマIT&デジタル エキスポ 研究/開発/製造 G会場

会場: 東1ホール セミナー会場G
定員: 80 名 聴講無料 ※事前登録制
3月18日(月)
G-1
10:30
|
11:15
創薬・ライフサイエンスに向けたGPU/
AIコンピューティングの可能性
エヌビディア(同)
エンタープライズ事業部
シニアマネージャー ヘルスケア・ライフサイエンス開発支援責任者
山田 泰永 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

ディープラーニングAIの研究開発で事実上の標準環境となっているエヌビディアのGPU環境を概説し、創薬やライフサイエンス分野に向けた具体的なGPU/AIコンピューティングのユースケースや可能性をご紹介する。
受付終了

G-2
11:30
|
12:15
Biopharma 4.0への進化
~製薬業界におけるデジタル化・
コンピューター化へのトランス
フォーメーション~
GEヘルスケア・ジャパン(株)
ライフサイエンス統括本部 技術サービス部
部長
野田 景子 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

バイオ製造は、医薬品のライフサイクル中にペタバイトのデータを生成すると推定されている。非構造化データは、コンプライアンスおよび品質保証の目的で保存され、プロセスの最適化に利用されて使用されることはめったにない。データセットのデジタル分析は、潜在的な効率性の向上、および望ましい将来の状態に到達するために必要な要件の開発に関する洞察を提供できる。本セッションでは、ユースケースを紹介しながら、ビジネス戦略のデジタル変革をどのように進めることができるかについて説明する。
受付終了

G-3
13:00
|
13:30
がんゲノム医療におけるメディカルAIの
利活用
(株)テンクー
代表取締役社長
西村 邦裕 氏
 

【会場 : 東1ホール G会場】

日本において、がんゲノム医療が臨床の現場に入りつつある。その裏を支える技術の一つが情報技術である。特に多量の知識や文献情報をもとに意味付けを行う際にはメディカルAIが有効である。デジタルファーマにおけるAI技術の可能性も含めて紹介を行う。
受付終了

G-4
13:45
|
14:15
創薬研究者のAI人材不足、このギャップは埋められるか?
〜機械学習自動化技術による医薬品研究
開発の革新〜
DataRobot Japan
データサイエンティスト
伊地知 晋平 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

医薬品研究開発における様々な課題を解決する手段としてAIは極めて有効と言われている一方で、創薬研究の現場でAIを使いこなせる人材はまだ少なく、AI活用ニーズとの間に大きなギャップが生じている。このギャップを埋められると期待されている機械学習自動化技術と、同技術を導入後短期間に医薬品研究開発プロセス等で成果を挙げている国内製薬企業のユースケースをご紹介する。
受付終了

G-5
14:30
|
15:00
AI活用:創薬の分子生理活性の予測、
市販後調査等の症例データの自動解析
(株)ログビー
代表取締役
松田 敦義 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

AIを創薬、市販後調査等に活用するデモを行う。AIの共同研究では、宮崎大学附属病院、千葉大学附属病院、産業技術大学院大学と患者リスクを予測するAI、京都大学と症例から病名を予測する自然言語処理AIを開発しており、ノウハウを活用している。
受付終了

G-7
16:00
|
16:30
暗号化したままデータ共有・連携、データ分析・AI活用ができる秘密計算環境「DataArmor™️ (データアーマー)」
EAGLYS(株)
代表取締役社長
今林 広樹 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

近年のAI活用やビッグデータ解析等のデータ活用、社内外をまたいだデータ連携機会が増える一方、機密データ・プライバシーの保護目的での制限により、データ質や共有のばらつきが生じる。本課題を解決する秘密計算技術・取り組みの紹介を行う。
受付終了

3月19日(火)
G-8
10:30
|
11:00
AIを用いた医療・介護現場での「うんち」
データの活用事例について
ウンログ(株)
うんChief Markting Officer
中島 規之 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

ウンログでは、体からの大切なお便りである「うんち」のデータを収集・活用している。AIを用いた下剤使用量の最適化や病気の早期発見システムなど、医療・介護の現場における「うんち」のデータを活用した事例についてご紹介する。
受付終了

G-9
11:30
|
12:00
パーソナルゲノム時代が拓く未来と
創薬研究への応用
(株)ジーンクエスト
代表取締役
高橋 祥子 氏

【会場 : 東1ホール G会場】
受付終了

G-10
13:00
|
13:30
日本最大AI人材プラットフォーム
SIGNATEにおける最高精度AI開発
〜製薬領域での挑戦〜
(株)SIGNATE
代表取締役社長
齊藤 秀 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

医療・製薬領域におけるAI活用は、最も注目されている領域の1つであるが、AI技術者は世界的に不足状況にあり、AIプロジェクトの推進は容易ではない。そんな中、AI開発コンペティションの活用が定着しつつある。日本最大数のAI人材登録があるSIGNATEでは、AIコンペを通じて最高精度のAI開発、優秀なAI技術者の採用、技術者育成を実現している。国内外の事例、特に製薬業界の取り組みを紹介するとともに世界的な潮流を解説する。
受付終了

G-11
13:45
|
14:15
AI機能による不成功率分析データ活用
の最前線
製薬ポートフォリオリスクを理解し、
R&D生産性向上の意思決定を
改善するその可能性とは?
クラリベイト・アナリティクス・ジャパン(株)
ライフサイエンス部門マネージング・コンサルタント
Managing Consultant, Life Sciences Research & Consulting Services 
吉田 貴裕 氏

【会場 : 東1ホール G会場】
受付終了

G-12
14:30
|
15:00
日本におけるバーチャル治験・
臨床研究の展望
〜AI解析およびオンライン診療アプリの
活用アプローチ〜
(株)MICIN
COO
草間 亮一 氏

(株)MICIN
ビジネスプロデューサー
木内 裕基 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

バーチャル臨床試験は、デジタルツール等を活用することで被験者が自宅にいながら遠隔で医療情報を取得する次世代型臨床試験として注目されている。米国で先行して実施され、被験者の来院負担軽減やリクルートメントの加速化などの実績が報告されている一方、現状日本ではバーチャル臨床試験の実例がない。そこで本演題では、バーチャル試験の現状、関連規制、弊社の展開するオンライン診療アプリおよびAI解析の活用の展望について紹介する。
 
受付終了

G-13
15:15
|
15:45
ヤフーと製薬会社について 
ゲノム情報活用の事例紹介
ヤフー(株)
CISO室ゲノムR&D   プロジェクトマネジャー
有地 正太 氏

【会場 : 東1ホール G会場】

ゲノム情報は生き物の設計図であり、病気のなりやすさや薬の効き易さに深く関与していると言われています。
そのため、海外ではビッグデータとして、ゲノム情報を創薬に役立てる動きが加速しています。
ヤフーが運営するHealthData Labのゲノム情報を法令・省令に順守しつつ、日本人集団のゲノム情報を創薬に役立てていく取り組みをご紹介します。

 
受付終了

G-14
16:00
|
16:45
【特別講演】
臨床開発におけるIoT導入をPatient Centricity視点で考える
~事例に見るヘルスケアデバイス活用の
ポイント~
(株)クロエ
3Hライフサイエンス研究所
所長 
牧 大輔 氏

【会場 : 東1ホール G会場】
受付終了

 

カテゴリー別全セミナープログラム
  • ファインケミカルジャパンセミナー
Loading...