CPhI Japan ICSE Japan P-MEC Japan BioPh Japan InnoPack Japan
CPhI Japan 2019の内容になります。2020年のセミナープログラムは現在準備中です。
セミナープログラム&お申込み
セミナーのお申し込みには、「来場事前登録」が必要です。まだお済みでない方はまず
は下記のボタンから来場者事前登録を完了いただきセミナー登録に必要なIDとパスワード
を入手してください。
来場事前登録はこちらから
<お申込み方法>
  • 全セミナープログラムは、画面左側のセミナーカテゴリーの一覧より、各カテゴリーごとにご覧いただけます。
  • ご希望のセミナーの「□受講する」の部分をクリックした後、画面一番下の「保存して確認」のボタンをクリックし、お申込み内容の確認の画面にお進みください。 続けて別カテゴリーのセミナーを併せて申し込む場合は、「他のセミナーも続けて申し込む」のボタンをクリックし、画面左側のカテゴリーの一覧から他のカテゴリーに移動して、お申込みを継続できます。
  • 一度セミナー申込みを完了いただいた後でも、他のセミナーを追加申し込みできます。

ファーマIT&デジタル エキスポ セールス/マーケティング

会場: 東1ホール セミナー会場E
定員: 80 名 聴講無料 ※事前登録制
3月18日(月)
E-1
10:15
|
11:15
逐次通訳
【特別講演】
グローバルトップファーマ企業の先進事例に見る、リアルワールドデータベース
活用法とは
マークロジック(株)
カントリーマネージャー
三浦 デニース 氏

【会場 : 東1ホール E会場】
【言語:英語/日本語】


※講師の都合により、言語が日本語から英語(日本語逐次通訳)に変更になりました。
そのため、セミナーの開始時間も10:45から10:15に変更となっております。


新薬開発などR&Dのスピード化、AI導入等、データ活用の見直しが喫緊の課題となっていますが、多くの企業が未解決のままになっています。MarkLogicを導入した欧米のトップファーマ企業がどのように膨大なデータを統合し、ビジネス変革を実現させたのか、先進事例を元に解説します。
受付終了

E-2
11:30
|
12:15
*本講演は、研究/開発向けセッションとなります

AWSクラウドを駆使した創薬
イノベーションの推進
〜数か月を要したインシリコ創薬計算を1日で完了〜
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(株)
技術統括本部 エンタープライズソリューション本部
ヘルスケア・ライフサイエンス ソリューション部
ソリューションアーキテクト
益子 直樹 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

創薬研究のターゲット探索やゲノム解析は近年その重要性を増す一方、膨大な計算量による待ち時間増やITインフラの維持コスト増が課題となっている。そこで、AWSを用いた超高速かつ低コストな解析手法やセキュリティについて、事例やデモを交えて概説する。
受付終了

E-3
13:00
|
13:30
異業種の動画活用からヒントを得る
eマーケティングの新しい手法
(株)Jストリーム
メディカルマーケティングソリューション部
メディカルマーケティングソリューション1課 課長
小山 智治 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

Jストリームは医薬品・医療業界の他にもメディア企業や金融機関、メーカーなど多様な業界・企業の動画活用を年間約1,000社サポートしている。昨今ではインタラクティブな仕掛けや演出、視聴データの活用など手法も高度化している。本講演ではプロモーションからクローズドな情報提供に至るまで、異業種の動画活用のトレンドをヒントにWeb講演会やCLMなどeマーケティング全般でも活用できる視点や手法を提案する。
受付終了

E-4
13:45
|
14:15
Veeva Commercial Cloudの最新動向
〜デジタルからコンプライアンス遵守まで〜
Veeva Japan(株)
Solution Consulting, Sales & Marketing
Director
国谷 俊夫 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

ガイドライン導入など製薬企業をとりまく外部要因は常に変化している。そして医療従事者向け医薬品情報の提供方法にも多様化が発生している。多くの要素が同時に混ざり合う複雑かつ継続的な変化を短期間でとらえ、コマーシャル活動に成果をもたらすためには、どのような対策や準備が必要だろうか。現在、Veevaが650社超の製薬企業様にご提供しているコマーシャルクラウドの最新情報をお届けする。
受付終了

E-5
14:30
|
15:00
製薬企業がこれから取り組むべき
「デジタル」とは
- デジタルを活用したドクター
マーケティング戦術から仕組みまで
(株)メディクト(旧メディコム)
代表取締役
下山 直紀 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

規制や変化が著しい業界環境において”デジタル活用”は喫緊の課題といえる。デジタルがもたらすマーケティングプロセスの変化とは。デジタルチャネル統合・整備により集積される医師の行動・興味関心、施策やコンテンツの評価を分析し最適化。医師とのコミュニケーションを最大化、MR活動の支援につなげるための仕組み、導入プロセスや運用を紹介する。
受付終了

E-6
15:15
|
15:45
AI意思決定支援エンジンの
フロントランナー
Aktanaが✗✗事例をお教えいたします!
AKTANA International LLC
カスタマー・サクセス プリンシパル・コンサルタント
高橋 洋明 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

AKTANAは製薬業界に特化した独自の意思決定支援エンジンを活用することにより、コマーシャルチーム向けに意思決定支援の継続的な改善を提供し、戦略及び実行を絶えず洗練化しチャネル間の顧客エンゲージメントの向上を支援する。ここでは業界のフロントランナーかつ数々のプロジェクト実績がある立場から、典型的な「いまいち結果が出ない」ケースをコッソリお教えする。
受付終了

E-7
16:00
|
16:45
デジタル化とリアル融合で切り開く医療の未来
小売業のICT活用研究所
代表 薬剤師
郡司 昇 氏

(株)ヤプリ
執行役員 CCO 兼 エバンジェリスト
金子 洋平 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

ドラッグストア及び薬局でのマーケティング、EC事業、アライアンス、薬剤師等の専門知識と先進的な実績を持つ元ココカラファイン郡司氏と、アプリ開発クラウド「Yappli」のエバンジェリスト金子が、スマホ活用を含めたデジタル化で実現する医療について話す。
受付終了

3月19日(火)
E-8
10:30
|
11:15
【特別講演】
生活習慣病領域におけるデジタルヘルスの最新動向のご紹介
H2(株)
取締役 ジェネラルマネージャー
谷垣 主税 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

糖尿病などの生活習慣病領域におけるデジタルヘルスの最新動向について、我々のこれまでの国内外の経験をもとに、お話する。
受付終了

E-9
11:30
|
12:00
RWDや大規模データを対象にした学習
モデルの活用事例
クロス・マーケティンググループ(株)メディリード
サイエンス&アナリティクス部 取締役
二松學舍大学 国際政治経済学部国際経営学科 准教授
小久保 欣哉 氏
 

【会場 : 東1ホール E会場】

近年、我が国においてReal World Data(以降:RWD)の活用が進展しつつある。 RWDは実臨床での診療記録の一部を蓄積したもので、回顧的なデータである。また、必ずしも目的を定めて収集していない大規模なオープンデータ(SNSや論文情報など)から実務上の新たな考察や示唆を導き出す機会も増えている。これまでRWDや大規模データの解析では多変量解析をもちいた分析が中心であったが、近年大規模なデータ解析の方法論として、機械学習をもちいた解析も進みつつある。その事例を紹介する。
受付終了

E-10
13:00
|
13:30
生活習慣病患者の入院から在宅までの
エリアマーケティング
スクエルスーパーバイザー
医療政策コンサルタント
山口 聡 氏
 
[協賛:ミーカンパニー株式会社]

【会場 : 東1ホール E会場】

糖尿病など高齢者に多い疾患における製薬企業のエリアマーケティングのポイントを紹介する。SCUELデータベースを活用し精度の高いアプローチ方法を提案。エリアごとに異なる地域包括ケアシステムや地域医療構想等の実情の把握、さらに高齢者医薬品適正使用の指針の公開などに伴う医薬品の処方の見直しの変化のタイミングを掴み競合他社との決定的な差別化方法を提案する。
受付終了

E-11
13:45
|
14:15
Patient Centricity を推進するPRO / RWD活用の技術
IQVIA ジャパン グループ
リアルワールド & アナリティクス ソリューションズ
シニアプリンシパル
松井 信智 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

製薬企業では、Patient Centricityを意識した動きが活発になっている。例えば、「試験/研究の評価項目へのPRO導入(Patient Reported Outcome)」や、「アンメットニーズ把握や安全性評価へのRWD活用」といった相談が増えているのはその一つと感じている。このエビデンス創出および患者フィードバック強化に、診療現場で徐々に浸透しつつある新技術(遠隔診療システム 等)を活用できないか、実体験含めご紹介させていただく。
受付終了

E-12
14:30
|
15:00
エムスリーグループが考えるWeb講演会をその場だけで終わらせない活用術
エムスリーデジタルコミュニケーションズ(株)
ソリューション営業グループ
臼澤 明宏 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

昨今話題になることが多いAIやアクティブラーニング。当社ではAIと言語フレームワークを活用したコミュニケーション力定量評価サービス“MRinsighter”や、大学の授業などで「スマホやタブレットで気軽に参加できる!」として注目を浴びている“Respon”を製薬企業向けに提供している。今回はこれらを使ったWeb講演会をその場だけで終わらせない活用術を紹介する。

※講演タイトル、講師が変更になりました。講演内容の変更はございません。
受付終了

E-13
15:15
|
15:45
WEBマーケティング会社が考える製薬会社のマーケティングとは?
〜医療問題の解消に、WEBマーケティング
会社ができること〜
(株)MOVAAA
代表取締役社長
長野 清哉 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

製薬会社のマーケティングは、MRによる対面コミュニケーションを中心として行われている。今後製薬会社のマーケティングとはどうあるべきか?デジタルとどのように向き合えば良いのか?解決策の一つの方法として、自社サイトの活用方法をご提案する。
受付終了

E-14
16:00
|
16:30
トップMRが実践する新時代の問題解決
ディテーリング
〜MRの成長を加速する評価と分析〜
リープ(株)
ラーニングデザイン・研修事業部
ディレクター
吉田 稔 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

AIや最新テクノロジーによる支援で、MRの情報提供は効率的・効果的になっている。一方、大きく環境が変化する中、高業績MRと低業績MRのスキルレベルは狭まるどころか、むしろ広がっており、MRをどのように育成するか、大きな課題となっている。リープでは、MRのスキル課題や思考力を分析し、MRに最適な学習スタイル(学習方略)を導き出す。組織全体の生産性向上を実現に向けた、科学的根拠に基づく教育戦略を提供する。
受付終了

3月20日(水)
E-15
10:30
|
11:15
いま製薬業界に求められる統合型
マーケティングとは
(株)インテグレート
代表取締役 CEO
藤田 康人 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

業界再編の動きが大きなトピックになるなど、かつて安定成長産業といわれた製薬産業も過渡期を迎えている。MRリソースの削減やプロモーションコードの改訂が進むなど、デジタルトランスフォーメーションは急務となっている。それではいかにして、施策ありきではない本質的なデジタル活用を実現すればよいのか。本講演では、医師個人や患者のインサイトを起点としたマーケティング戦略の設計についてお伝えする。
受付終了

E-16
11:30
|
12:00
海外と日本の遠隔医療事例から、
今後のデジタルヘルスを考える
(株)ブイキューブ
営業本部 副本部長
佐藤 博史 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

昨今デジタルヘルスという言葉が聞かれるようになった。当社では2011年より遠隔医療へ進出し、海外の事業者とも組み、遠隔医療の分野へ進出している。本講演では日本、海外の事例を紹介し、今後の患者様向けアプリ等デジタルヘルス進出への参考となる事例を紹介する。
受付終了

E-17
13:00
|
13:30
大田 幸嗣 氏
黒澤 充 氏
ファイザーにおけるMA活用事例から学ぶ
医療従事者向けエンゲージメント
マーケティングの現状と展望
(株)マルケト
営業本部 アカウントエグゼクティブ
大田 幸嗣 氏

ファイザー(株)
デジタルチャネルイネーブルメント、ミーティング&イベント ビジネスパートナー
黒澤 充 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

薬価制度の抜本的な改革だけでなく、医師の情報収集手段のデジタル化やMRの訪問規制強化など厳しさを増す事業環境の中、製薬企業各社はデジタルマーケティングを活用した、医療従事者への情報提供活動の最適化を加速させている。本講演の前半は、製薬業界におけるMA (Marketing Automation) の導入状況の解説と活用シーンを紹介する。後半はファイザーのMA活用の経験から、医薬品の適正使用推進を目指して作成されたカスタマージャーニーの各ステージにおいてMAによる自動化が期待できる領域、そして患者さんのQOL向上に向けて、MAを用いてできるデジタルマーケティングの構想について触れる予定。
受付終了

E-18
13:45
|
14:15
医療用医薬品デジタルマーケティングに
おける学会データベースの活用
~効果的なディテーリングのための
KOL抽出・医師ネットワーク予測・
薬剤トレンド分析~
(株)医薬情報ネット
代表取締役
金子 剛章 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

製薬企業のデジタルマーケティング状況、各チャネルのデータ統合状況などをふまえて、弊社が所有する学会情報データベースの活用事例をご紹介する。本セミナーは、デジタルマーケティングの概観や、マルチチャネルマーケティング(MCM)の取り組みを始めたい方を対象としている。
 
受付終了

E-19
14:30
|
15:00
ディテーリング最前線!
エムスリーグループによる新サービスを
初公開
エムスリーデジタルコミュニケーションズ(株)
事業開発室
アライアンス推進担当 マネージャー
倉内 彰 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

医師へのプロモーションの多くでオンライン化が進んでいるが、オンラインでの効果的なディテーリングも重要な施策のひとつである。本セミナーでは、当社が新たに開発したオンラインディテーリングツールのご紹介とオンラインディテーリング施策実施のポイントをお伝えする。また、製薬企業におけるステークホルダーのロイヤリティを高めるサービスとその活用事例についても紹介する。

※タイトル、講師が変更になりました。講演内容に変更はございません。
受付終了

E-20
15:15
|
15:45
受診につなげる
デジタルコミュニケーションの提案
〜希少疾患の潜在患者に疾患啓発する
デジタル施策〜
(株)メディウィル
代表取締役
城間 波留人 氏

ティーペック(株)
ヘルスケアストラテジー部 次長
中村 雅子 氏

【会場 : 東1ホール E会場】

医療や健康に関する情報は、月間1億回Googleで検索され、75%の人々がインターネットで情報収集を行う時代になった。本セミナーでは患者さんへの疾患啓発から病院受診へ繋げるデジタルマーケティングを紹介しつつ、デジタルだけでは達成できない課題に「リアル」のコールセンターソリューションを組み合わせていく「患者向け「デジタル」×「リアル」プロモーション」を紹介する。

※タイトルが「「デジタル」×「リアル」プロモーション実践セミナー」から「受診につなげるデジタルコミュニケーションの提案 〜希少疾患の潜在患者に疾患啓発するデジタル施策〜」に変更になりましたが、講演内容に変更はありません。
 
受付終了

 

カテゴリー別全セミナープログラム
  • ファインケミカルジャパンセミナー
Loading...